« 日経ビジネススクール主催「OJT指導スキル研修」参加者の声 | メイン | 教育とは、学習者の創造である。 »

日経ビジネススクール主催「OJT指導スキル研修」の様子

●日経ビジネススクール主催
 「教え上手になる!OJT指導スキル研修」の様子


07年2月と3月に、日経ビジネススクールさんで、

「教え上手になる!OJT指導スキル研修」を実施させて頂きました。

RIMG3555.JPG

新入社員を受け入れるOJT担当の方々に、

「効果的なOJT(現場指導)を実現する手順とコツ」を

つかんで頂くのが目的です。


2月は、27名。

3月は、34名の方にご参加いただきました。

(どうもありがとうございました!)

参加者から出た意見を中心に、差しさわりの無い範囲で

研修の様子をお伝えします。


==================================


1.「教え上手」とは?


まず参加者に「教え上手な指導者像」をイメージして頂くために、

今までの経験を整理してもらいました。


○あなたが出会った「教え下手」は?

・こちらに関心を示さない
・メリハリが無い
・まとまりが無い
・回りくどい
・自分の目線に合わせてくれない
・具体的でない
・一本調子
・自分に酔っている
・相手に合わせられない
・答えを教えてしまう

こういう教え下手は、良い「反面教師」にすることができますね。

○あなたが出会った「教え上手」は?

・どこまでわかったのかを確認してくれる
・順序だてて説明してくれる
・図にして
・相手の学び方に合わせて(全体→部分 部分→全体)
・対話型
・受け止めてくれる
・たとえ上手
・質問しやすい雰囲気
・ほめるタイミング、叱るタイミング
・きちんと目的、理由を説明してくれる
・話が具体的
・テンポが良い
・理由、考え方を教えてくれる
・懐が深い
・行動して見せてくれる
・教える前の前ふり(目的を明確に伝えてくれる)
・理解度の確認をしてくれる


「教え下手」と「教え上手」を比較した上で、

「教え上手」に共通することについて考えていきました。

RIMG3566.JPG


○教え上手とは?

・苦労している人
・相手の立場で考える人
・テキパキ、メリハリがある人
・相手のレベル、目線に合わせて話ができる
・義務的でなく真剣に
・多くの経験を重ねている
・相手本位
・相手を理解できる人
・熱意や意欲がある人
・ハートがある人


弊社では、次のように考えています。

 教え上手 = 相手本位


そして、相手本位な教え上手は、次の行動をとっています。

 ・相手理解
 ・信頼構築
 ・学習支援


それぞれ具体的にどういうことかを参加者と確認していきました。


==================================


2.「教え上手のノウハウ〓」相手理解


教え上手は、まず相手を理解しようとします。

では、相手を理解するためにどうしたらよいのでしょうか?

○相手を理解するには?

・相手と話す
・相手の目を見る
・表情を観察する
・自分のことも話す
・最後まで話を聞く
・何かを一緒にやる
・自分を出す
・相手の行動をよく観る
・相手の興味を話しながら探る
・傾聴する


弊社の考え方を伝えたうえで、参加者には、

相手を理解する「2つの切り口」をご紹介しました。


このパートは、結構もりあがります。

RIMG3563.JPG

==================================


3.「教え上手のノウハウ〓」信頼構築


いくら教える技術やテクニックがあろうとも、

相手との間に信頼関係ができていなければ、意味がありません。


教え上手は、相手と信頼関係を築くことに注力するのです。


では、相手と信頼関係を築くためにどうしたらよいのでしょうか?


○新入社員と信頼関係を築くには?

・自分から話しかける
・挨拶をする
・マナーを守る
・押し付けない
・相手に興味を持つ
・相手を信じる
・やって見せる
・弱い部分も見せる
・相手を好きになる
・約束を守る

弊社からは、相手と信頼関係を築く際に必要な「3つの要素」について

ご紹介しました。


この後「仕事マップ」というものを描く作業をするのですが、

このワークを通して、参加者は

・自分の仕事を理解する重要性
・仕事の全体像を示す必要性 などに気づくようです。


RIMG3567.JPG


==================================


4.「教え上手のノウハウ〓」学習支援


  教え上手 = 学ばせ上手


教え上手は、相手が学ぶことを手助けします。


では、相手に学んでもらうために、どうしたらよいのでしょうか?

○新入社員に学んでもらうために

・考えさせる
・答えを言わない
・ヒントを与える
・やらせてみる
・好きにやらせる
・やった内容を評価する
・任せてみる 体感させる
・やって見せて、真似させる
・何のために、どこにつながるのか、大まかな流れを示す
・がけっぷちに立たせる
・仕事をやりきらせ充足感を得させる
・何故やらなければならないかを考えさせる
・達成感を味あわせたうえで、次の課題を共有する
・実演して、メモをとらせる


弊社からは、人がいかに学ぶのか「学びのリソース」という考え方と

「学び上手のPDCA」というものをご紹介しました。


   学び上手は、自らPDCAを回している。


ですから、教える側も、相手がPDCAをまわせるような教え方を

する必要があるのです。


そのための具体的な手法を「教え方の基本フレームワーク」という形で

ご紹介しました。


ここでは、OJT担当役と新入社員役で

「言って聞かせる」ロールプレイをしました。


皆さん、改めて「わかりやすく説明する難しさ」を

実感するようです。

最後に、相手の「レベル」に応じて「ティーチング」と「コーチング」を

使い分ける点と、新入社員の「レベル」を上げていく具体的な方法について

確認しました。

RIMG3570.JPG

==================================

ご参加された皆さんの声 ↓

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/109

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)