« 杉並区立和田中学校長 藤原和博さんの「よのなか科」授業見学 | メイン | 「研修講師から見た研修施設の利用について」 »

地元寄居の小中学校でのキャリア教育支援

「学校応援団」の一人として、ボランティアで

地元寄居の中学校3年生と小学校6年生に対する

「キャリア教育」をお手伝いしてきました。


今日(7月13日)の午前中は、まず中3生に対して

「仕事について学ぼう!ー匆颪鮹里襦廚箸いΕ董璽泙如

50分の講演をしてきました。


DSCN07110001.JPG

講演といっても、一方的に話すだけですと、聞いてもらえませんので、

ゲーム、クイズ、話し合い、発表、音楽などを取り入れました。


内容としては、

1.世の中にはどんな仕事があるのかを考えてもらう

2.身近な大人(家族)がどんな仕事をしているのか
  仕事の大変さ、楽しさは何かを考えてもらう

  (宿題として、家に帰ってから家族と話すよう依頼)

3.今回のゲストスピーカー 関根が仕事につくまでの話
  (小学校時代から、35歳の現在までのエピソード)

4.次回の予告

といった感じで進めてきました。


聞いてもらえるか心配でしたが、杞憂に終りました。


何人かはダラッとした子がいましたが、ほとんどの生徒さんが

顔を上げて、真剣に話を聞いてくれていたのが嬉しかったです。


DSCN07090001.JPG


午後は、小学校6年生に対して、同じテーマを少し分かりやすくして

45分間で伝えました。

中3の子たちと違い、人懐こい子が多かったです。

始まる前と終った後、寄ってくるのが、かわいらしいですね。

体育館で、体育座りをして聞いてもらったのですが、

個人作業で書くときは、皆一様に下に向かって

カリカリと真剣にやってくれたのが印象的でした。


50分と45分という短時間のセッションでしたが、

汗だくになり、疲れました。


大人相手の研修とは違う

子供相手には、別のエネルギーを使いますね。


子供をひきつける、子供にとって分かりやすい話をする。

非常に勉強になりますね。


次回は、夏休み明けに第2回セッションを行います。

今度のテーマは「仕事について学ぼう!⊆分を知る」です。

頑張ります!


お忙しい中ご協力くださった先生方、ありがとうございました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/302

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)