« 2008年の予定 | メイン | アイコンタクトについて »

「ビジネスマンは、道徳心を失いやすい」


ハーバードビジネスレビュー(08年1月号)に、

多重知能理論の提唱者 ハーバード大 認知心理学、教育心理学の権威

ハワード・ガードナー教授のインタビュー記事が載っていました。


タイトルは「ビジネスマンは、道徳心を失いやすい」です。


記事の中で、気になった点をいくつか紹介します。


===

・道徳的な態度が最初に芽生えるのは家庭において。

 両親が仕事に誇りを感じているか、公明正大に振舞っているか、
 他人を善意に解釈し狭量ではないかといったことを感じながら、子供は育つ。

・子供達は、コミュニティに大切にされていることを実感できるため、
 大きくなったとき、他者を思いやることで、子供の頃に受けた恩に
 報いようという気持ちになる。(北イタリアの小都市 レッジオエミリアの例)


・ビジネスマンは「プロフェッショナル」ではない。

 プロフェッショナルと呼ばれる職業は、長い歴史を持ち、
 その職業に従事する人々を律し、規範を破った者を罰する仕組みがある。


・企業経営には、このような仕組みも免許も必要ない。
 必要なのは、法律に違反せず、利益を上げることだけ。

 最初は強い倫理観をもっていても、道を踏み外しやすい。


・道徳心を失わないために・・・

 時折時間をとって、広い意味から己の使命について深く考え、
 その実現に向けて確実に進んでいるかどうか確認する。

 知識が豊富で率直な人に意見を仰ぐ。

 「自分のしていることを母が知ったらどう思うだろうか」と自問する。

 経営とは無関係な信頼できるアドバイザーの意見に耳を傾ける。

    (DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー 08年1月号 p120ー128)


===


記事を読んで、私自身が気をつけるべき点として、次のことを考えました。

●子供の道徳心を養うために

・家庭での親の振る舞い

・地域が子供と接する姿勢


●自身が経営者として道徳心を失わないために

・時折時間をとって自分の夢や使命について考える
 (今自分がやっていることは、夢・使命に向かってのものなのか)

・身近な家族の視点から自分のやっていることを省みる

・外部の信頼できる方々への報告を怠りなく行ったうえで、
 機会を見て意見を頂戴したり、アドバイスを受けたりする

年末年始は、じっくり考え、家族に意見を聞くには

良い機会ですね。


(ありがとうございました!)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/394

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)