« 2008年08月 | メイン | 2008年10月 »

2008年09月12日

「ASTD2008報告会」に参加してきました。

08年9月12日(金)

人財ラボさん主催「ASTD2008報告会」に参加してきました。


私の理解の範囲で、印象に残った点をお伝えします。

・講演者の言葉 ○関根の独り言

=================================

1.ASTD2008概要報告 

   (株)人財ラボ 代表取締役社長 下山博志氏


・ゲストスピーカーによる基調講演で、その年の人材開発の流れがわかる。

・ゲストスピーカーは、
 学会、ジャーナリスト、コンサルタント、政府関係者、経営者 など多彩。

・ASTDは、玉石混合の場。


=================================

2.講演会


 「ASTDの潮流から見るHRDの方向性」

   (株)ヒューマンバリュー 代表取締役 高間邦男氏


・現代は、原因が複雑に絡み合っていて、専門家が集まっても
 解が見つからない「複雑系」の世界。そして価値観がバラバラな多様な世界。

・アダム カヘン氏「手ごわい問題は、対話で解決する」
 正解を知っている人がいない。一人ですべてを考えることはできない。

・共創(Wiki、リナックス、Crowdsourcingなど)がカギ

・複雑性が高まり、統合する必要がある。
 世界中で、人材開発の「標準化」が行われている。日本は遅れている。


・ASTDの09年のテーマである「Destination:Information」
 
 ASTDも正解が出せなくなってきている。
 だからこそ「ここにあるのは情報。あとは自分で考えろ」というメッセージとも推察できる。


・花田光世さんによると日本では「タレントマネジメント」が実践されてきた。

・DDI社CEOによると「入社直後の社員へのアプローチの仕方が、
 タレントマネジメントに大きな影響を及ぼす」とのこと。

・現実的で効果のある測定法として、R.Brinkerhoff氏が提唱している
 「サクセス ケース メソッド」がある。

 これは、実際に研修で学んだ内容を使って効果をあげた人をみつけ、
 なぜ効果を出すことができたのかを明らかにし、
 それをもとにしたビジネスケースを作るという方法。

 サクセスケースメソッドでは、学習の効果測定をトレーニングそのもので
 測るのではなく、事前から事後までを含めたプロセス全体として把握する。

・研修効果を、3つのカテゴリーで分類

 − 15% トレーニングを受けただけ
 − 70% 職場でトライをしてみた
 − 15% 職場で具体的な成果を出した

・効果のない研修プログラムの原因を分析

 − 40% 受講者のレディネス不足
 − 20% 研修自体の悪さ
 − 40% 実施する上での環境上の障害 

・効果測定は、現場のマネージャーを巻き込むべきもの。
 その意味で、マネジメント開発にもつながってくる。

・Peter Block氏によると、変革は組織内にコミュニティーを作ることで
 成功する。

 ハイパフォーマンスは、コミュニティという「つながり」から生まれる。


=================================

 「ASTDサーティフィケート」

   (株)インストラクショナルデザイン 代表取締役 中原孝子氏


・ASTDコンピテンシーモデルでは「フォーカスすべき専門性」として
 「ラーニングデザイン、研修の供給、コーチング、評価測定・・・等」を挙げている。

・日本では、WLPに関する言葉が共有されていない。グローバルに話ができない。


○弊社は「とがった存在」を目指したい。

=================================


昨年も参加させて頂きましたが、

http://learn-well.com/blogsekine/2007/08/post_48.html

今年も様々な学びがありました。 ありがとうございました!

2008年09月11日

九州休暇中に決めたこと

08年9月5日~10日まで、遅めの夏休みとして、家族で
妻の実家である大分県玖珠町(湯布院の隣)に行っていました。


休暇中は、子供たちが寝ている朝の時間を利用して、
本を読んだり、会社の今後について考えたりしました。

こうやって、普段の仕事を離れて、考える時間は大切ですね。


今回の九州旅行中に、3つのことを決めました。


1.2010年4月に、大学院に入る。

2.2009年3月までに、新商品(OJT研修と現場をつなぐツール)を形にする。

3.地域の歴史を子ども達に伝える。
   (そのためにもまずは自分が地域の歴史を学ぶ)


こうして公言してしまえば、やらざるを得ませんね。

がんばります!

2008年09月10日

雑誌「Pharma Next」から取材を受けました。

薬剤師向けの雑誌「Pharma Next」さんから、

2度目となる取材を受けました。

(1回目は、昨年「教え方」に関するテーマでした。)


今回は、08年9月号

「人材育成、社員研修のプロに聞く 相手に伝わる説明のポイント」

というテーマでの取材でした。

File0317.jpg

File0318.jpg


記者の方のまとめ方が上手く、非常に分かりやすい記事になっています。

たまたまお読みくださった医療関係のお客様から

「関根さん、読みましたよ。載ってらしてびっくりしました。」

というメールを頂戴しました。


(「Pharma Next」記者の河原さん、ありがとうございました!)

  http://www.jiho.co.jp/mag/pn/index.html

2008年09月04日

08年7~8月の活動


08年7月〜8月の活動報告です。

【7〜8月の活動】

==================================================================

弊社ラーンウェルの主力事業である
WLP(企業研修)事業活動の一部です。


●日経ビジネススクール「新入社員・若手社員(OJT)指導スキル研修」を実施

 http://learn-well.com/blogosie/2008/07/post_110.html


●ヒューマンキャピタル2008で「新人フォロー研修」に関する講演を実施

 http://learn-well.com/blogsekine/2008/07/post_108.html


●各社様での「OJT研修」「(OJTと新入社員による)ペア研修」の実施


==================================================================


08年3月から7月末まで続いていた企業内研修が一段落したので、
7月末〜8月末までを「勉強月間」とし、インプットに注力する時間をとりました。

 http://learn-well.com/blogsekine/2008/07/post_110.html

自身の勉強のために、普段読めない本を読んだり、
講演・セミナーに参加したりしました。

●JSHRMコンファレンス2008「考える人事」に参加

 http://learn-well.com/blogsekine/2008/07/jshrm2008.html


●eラーニングワールド2008 東京大学 中原淳准教授の講演で紹介

 http://learn-well.com/blogsekine/2008/08/e.html


==================================================================


08年3月〜7月までに企業様での研修を通して約600人の

「OJT担当者(新人を現場で指導する先輩社員)」と出会ってきました。

彼・彼女達の声です。↓


「研修への評価」
 http://learn-well.com/blogosie/2008/08/400ojt.html

「企業内OJTの現状」
 http://learn-well.com/blogosie/2008/08/400ojtojt.html


==================================================================

会社としてのCSR(地域貢献)事業である
地元での活動や子供達の教育に関する活動も継続しています。

●全国の保育園の集まりで「父親達の関わり」について発表

 http://yuzunoki-hoikuen.seesaa.net/article/104265312.html


●子連れセミナーを実施

 http://learn-well.com/blogsekine/2008/08/post_114.html


●地元寄居の中学校 2校での「キャリア教育」の企画


 10月は、私が「地域ふれあい講演会」という校内行事で、
 中1〜3年生の全校生徒を対象に、体育館で小一時間の講演をします。


 依頼してくださった先生からは、

 ・なぜ高校を卒業してすぐアメリカに行こうと思ったのか?
 ・アメリカで学んだことで、今も役にたっていることは?

 といったことについて話して欲しいと言われています。


 ちょうどこのテーマについては、「@nifty ビジネス」で
 インタビューされた内容と重なるので、それも参考に話をしてきます。

 http://business.nifty.com/articles/name/080805/


 ただ、07年に中学校3年生に行った講演では
 体力を使い切りましたので、今回も気合いをいれて頑張ってきます。

  http://learn-well.com/blogsekine/2007/10/post_53.html


 11月には、別の中学校で、名古屋の会社「エ・ム・ズ」の講師の方を招いて
 「ドリームマップ」という特別授業を中学校2年生に実施する予定です。

   http://www.dream-map.info/training_student.html

 
 (CSR事業の一環として、弊社がスポンサーとなります。)


 1時間目から6時間目まで、1日中子供達が「自分の夢」について考え
 発表し合う場になります。

 5〜6時間目の発表は、学校を開放し、町の人たちにも来てもらうよう
 働きかけをします。

 初めての試みになりますので、楽しみです!
 


●地元寄居の商工会 青年部に参加


 初めて参加しましたが、魅力的な人が多いです。
 会社員時代には知り得なかった世界ですね。


 寄居の商工会は非常に熱心で

 「商工会ブログ」
   http://blog.goo.ne.jp/yorii_shokokai/

 「寄居フィルムコミッション」
   http://www.yorii.or.jp/YFC/
 
 といった活動を、若手が中心になって行っています。


 こうした地元の魅力的な大人たちが、小中学校にも関わっていく。
 そんな活動に今後は力を入れていきたいです。

●湘南サドベリースクール 校長 木村聡さんにお会いしました。


 お世話になっているバーンリペア社の長谷川さんのご紹介で、

 「子供達が作る学校」湘南サドベリースクール
 を立ち上げた木村さんにお会いしました。 

  http://shonan-sudbury.org/


 子供達自身が何を学び、何を行うかを考えるという
 「民主的運営」の学校です。

 
 木村さんが言っていた

 「今は珍しがられているが、いずれはこれが普通になる」

 という言葉に、強い信念を感じました。

******************************************************************

【9月以降の活動】


 9月から12月にかけては、各企業様での

 ・OJT研修
 ・OJTフォロー研修
 ・新入社員フォロー研修 が続きます。

 ご依頼くださった企業様の期待に応えられるよう
 しっかり準備し、頑張ります!


******************************************************************

【お願い】


 遅めの夏休みとして、

 9月5日(金)〜10日(水)まで、妻の実家である

 九州大分県玖珠町(湯布院の隣)に行ってきます。

 
 「九州じいちゃん、ばあちゃん」と会えるので、娘達は大喜びです。


(この間メールは見ることができますが、ご返信等が遅れるかもしれません。
 ご迷惑をおかけしますが、なにとぞよろしくお願いします。)