« 「パフォーマンス・コンサルティング〜研修作りから成果創造」に参加してきました。 | メイン | 東大大学院入試 一次試験(小論文)はこんな感じです。 »

東大大学院入試 TOEFLを受けてきました。

09年8月10日(月)14時〜16時30分

東京大学大学院入試 TOEFL−ITPを受けてきました。

DSCN71790001.JPG

激しい雨が降る東大 本郷キャンパス

DSCN71820001.JPG

試験会場

緊張感が高まります。

=============================================================

少し時間があったので、建物の中を散策しました。


地下一階にある学生食堂「メトロ」

DSCN71870001.JPG

レトロな雰囲気です。

学食の向かいにある生協では、様々な事務用品が販売されています。

(「ゲリラ豪雨」による雨漏りを、ビニールで防いでいました。
 歴史ある建物だから仕方が無いのかもしれませんね。)


同じ地下一階には、過去問(小論文)を取り扱うお店もありました。

ウェブで公開されていないH18年度以前の過去問を購入しようとしたのですが、
H18年度版は絶版となっていたので、H17年度版のみ買いました。


=============================================================

13時35分、試験会場に入ります。

数百名は入るであろう大教室に、受験番号が割り振られています。

現役東大生とおぼしき受験生もいます。
私の斜め後ろの席に仲間同士で集まり、話をしています。

「(学部試験も)この教室で受けたよ。懐かしいなー。なんか受かる気がしてきたよ」


斜め前を見ると、気持ちを落ち着けるためか、ピアノを弾くような仕草をしている
若い受験生もいます。

私の席の隣は、感じの良い女性の方でした。社会人でしょうか。

私の席の後ろには、年配の男性が座りました。

=============================================================

試験が始まりました。

・リスニング 35分
・文法 25分
・リーディング 55分

休憩なしで一挙にいきます。


アメリカの大学に留学していた頃、卒業直後(97年1月)に受けたTOEFLの
点数は、623点でした。

10年以上前のことなので、テスト対策として、
市販されているTOEFLの模試を複数回受けてきました。

幸いなことに、各回とも600点以上取れていたので
「ま、なんとかなるかな」と思っていました。


ところが、今回の試験は、模試以上に難しく感じました。

模試では、5分ぐらい前には終わり、見直し時間が取れるのですが、
今回はその時間が取れませんでした。

本番の試験という緊張感もあったのかもしれませんが、
やはり手ごわかったです。

とはいっても、終ったことですので、
次は「小論文」に挑みます!


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/800

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)