« 「コミュニティ・オブ・プラクティス」 | メイン | 冬のゼミに参加します。 »

大学院に行っても研修講師としては

5年続けて、研修をお手伝いさせて頂いている企業の教育担当の方から、

「関根さん、大学院に行くことで、研修講師としてのスタイルが変わることは
 ないですか?」

という御質問を受けました。

おそらく心配されているのは

・頭でっかち
・理論中心
・つまらない話

という一般的に大学の先生がされる講義をイメージされてのことかと思います。


ただ、その心配はおそらくないです。

大学院で学ぶことで、話す内容に、より説得力は増すと思います。


大事なのは

・現場感覚を忘れないこと
・参加者を良く見ること

なのかなーと思っています。


アカデミックな世界で言われていることと、現場で起こっていることを
つなぐ役割が、研修講師には求められているのかもしれません。

アカデミックな世界の言葉を、わかりやすく翻訳して、現場の方に伝える。

そのためにも現場を知らないと、ささる翻訳はできません。


アカデミックな世界について勉強しながらも、常に現場感覚をもつ。

それを心がけていきたいと思っています。


(Yさん、貴重な御指摘ありがとうございました。)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/829

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)