« 2010年度夏学期「学際情報学概論II」 | メイン | 中学校と商工会 »

大学院に入って2カ月

 大学院に入って、2カ月が経ちました。

 ちょっとここまでをふり返ってみたいと思います。

 もしかすると、社会人の方で、大学院への入学を検討されている方もいるかも
 しれませんので、少し詳しく書きます。

 私の場合、仕事である研修事業は続けたまま、大学院に通っています。

 今学期は、毎週火曜日を大学院に行く日にあてています。

=================================

●火曜日のスケジュール

 7時30分 埼玉出発! 本郷三丁目へ

 10時15分〜11時45分「学際情報学概論II」

 13時〜14時30分「組織学習システム論」

 15時〜16時30分

  「授業」「ゼミ」「夏合宿」に関する院生さん達とのミーティング。

  (ミーティングが無いときは、プールに行っています。
     http://www.undou-kai.com/goten/shisetsu_pool.html )

 17時〜20時 中原研究室でのゼミ(研究発表2つ、英語文献発表1つ)

 20時〜21時 勉強会 

 21時すぎ 議事録の入力 


 翌日は、だいたい企業様での研修が入っているので、移動かホテルに入ります。

 21時過ぎぐらいになると、頭が痛くなってきます。(一晩寝るとすっきりします)
 やっぱり1日フルに頭を使わせてもらっているのでしょうね。


=================================

●仕事、勉強、家族 との時間

 
 研修参加者やお客様からも良く聞かれます。

 「どうやって両立しているんですか?」

 
 やっぱり朝の時間を大事にしています。

 だいたい3〜4時におきて、勉強か仕事をしています。
 (その分、夜寝るのは早いです。子供と一緒に9時には寝ています。)


 研修がある日も、朝の最低1時間は、勉強に使えるようにしています。
 
 以前は、研修当日の朝は、なるべくゆっくり寝ていたのですが、
 今は、前日のお酒を控えめにすることで、早起きをするようにしています。

 
 長期履修制度(2年→4年)にして、1学期あたりの単位数を少なめにしている
 ことも大きいと思います。

 私は、今学期3つの授業のみですが、他の院生は、5〜7つ授業をとっています。
 それだけとると、相当大変だと思います。


 次の冬学期(10月〜1月末)は、毎週火曜日の午後〜水曜日1日を、
 大学院の授業にあて、それ以外の日に、研修やお打ち合わせを入れて頂けるよう
 お客様にお願いしている状態です。


=================================

●院生さん達とのコミュニケーション


 指導教員の中原先生からも「社会人こそ、学生たちとの
 コミュニケーションは大事にするように」と言われています。

 あくまで、私の主観ですし、自分で言うのも何なのですが
 何とかコミュニケーションはとれているかなーと思います。


 気をつけているのは、当たり前のことですが

 ・素直に謙虚に前向きに学ぶ (知ったかぶりをしない、分からないことを認める)

 ・授業やゼミに一生懸命参加する(予習と復習をしっかりやる)

 ・自分にできる貢献をする(人を紹介したり、機会を提供したりする)

 といった点です。

 
 若い院生さん達にしてみると、年が離れた社会人大学院生は

 ・何を考えているか分からない
 ・若い学生を「経験が無い」とバカにしているのでは
 ・授業も適当に参加してお茶を濁す気では

 などと見えるかもしれません。

 だからこそ、そんなことはないという姿勢や、こちらが何を考えているのかを
 なるべく表に出すことにしています。

 あとはやっぱり「言ったことはやる」「それを続ける」ことで、
 少しずつ信頼を得られたらなーと考えています。


=================================

夏学期も半分を越え、あと2カ月です。

身体には気をつけて、楽しみながら、授業・研究を続けます。


次の山場は、6月15日(火)です。

「組織学習システム論」でのグループ発表と
 ゼミでの「研究発表」が重なります。


終わったらグッタリくると思いますが、今できることを精一杯やります。

頑張るでー!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/897

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)