« 「組織社会化」のレビュー論文 和訳 | メイン | 人材育成学会 2010年第8回年次大会 発表 »

中原ゼミ 英語文献 輪読 3


2010年冬学期 中原ゼミの英語文献輪読は、

The SAGE Handbook of Management Learning, Education, and Development です。


私の理解の範囲で、どんな内容なのかをシェアします。

≪英語文献≫

Ch3:Experiential Learning Theory: A Dynamic, Holistic Approach to
Management Learning, Education and Development


・経験学習理論は、活動/内省と経験/抽象化の二元的弁証法に基づいている

・学習は、知識を創造するプロセスであり、葛藤解決、適応である。

・経験学習(ELT:Experiential Learning Theory)は、経験を変換することを
 通じて知識を創造するプロセスである。


(Kさん、資料ありがとうございました!)

=================================

Ch23:Developing Emotional, Social, and Cognitive Intelligence Competencies in    
    Managers and Leaders

   「マネジャーやリーダーの感情コンピテンス、社会性コンピテンス、
    認知コンピテンスの開発」

 Richard E. Boyatzis

・説得力があり、使いやすいモデル(意図的変化理論)だが、
 このモデルを検証、実証しているわけではない。

・理論生成タイプの論文は、大きく2つにわかれる。
 哲学系と実証の積み上げ系。

・今回の理論は、そのどちらでもない。いわゆる「実務家の理論」
 そのため、社会科学、人文科学の研究者にとっては違和感を感じるのかも。

・どちらが良い悪いではない。

 「組織学習」は、Academic theory だが「学習する組織」は、Folk theory。

・実務系の場合、理論モデルを提示してあとは実践すればよいと純粋に考えている。

○う〜ん、耳が痛い。ビジネス書の著者(自分も含めて)の多くは、自分の経験と
 学術知見の良いとこどりをして、モデルを提示しているケースが多い。

○Education(教育)とTraining(訓練・研修)の違いは?

 Educationは、長期的、複数課目の組み合わせ、
 Trainingは、短期的、単一課目、繰り返し・・・ ?


(Yさん、資料ありがとうございました!)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/921

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)