« 中原ゼミ 英語文献 輪読 3 | メイン | 2010年度冬学期 「研究法I」1〜2 »

人材育成学会 2010年第8回年次大会 発表

2010年12月19日(日)@ 東洋学園大学

人材育成学会 第8回年次大会で研究発表をしました。


タイトルは「OJT行動に関する尺度作成の試み」です。

(発表論文 PDFファイルを見る


学会でのプレゼンは初めてだったので緊張しました。

(事前に論文や発表資料をチェックして下さった
 N先生、M先生、Tさん、Kさん、ありがとうございました!)


=================================


発表の概要は以下の通りです。


●OJTにおける「周囲のかかわり」を見ることができるような尺度の開発

●若手社員の業務能力向上に寄与したOJT行動を示唆

 1)仕事を実際にやらせてくれた
 2)良かった点や成長した点を見つけてほめてくれた
 3)他工場やグループ会社で仕事をする機会を与えてくれた

●今後「2年目社員調査」で今回開発した「OJT行動」尺度を使用


(参加者用配布資料 PDFファイルを見る


発表後の質疑応答では、以下の質問を頂きました。ありがとうございました。


=================================

(・他者のご発言 ○関根の回答)


・今回の発表では「OJTの中身」を尺度化した 
 こういうOJTが良いんだということを説明したい

 そのための尺度開発の試みという発表だった

・「仕事を実際にやらせてくれた」という発見は、いわば当たり前のことでは?

 OJTとは仕事を実際にやらせることなのでは。

○確かにその通り。榊原の尺度でも「権限委譲」の効果が実証されている。

 ただ、仕事や職場によっては「実際にやらせてもらえず、見ているだけ」
 というOJTもある
 
 そういうOJTをしている先輩、上司に対して
 「OJTでは実際にやらせることが効果的」という説明材料になるかも。


・今回の尺度に含まれていた「人脈構築」「部門連繋」「情報共有」は、
 時代の変化に伴い仕事や上司からの期待が変化し、仕事が高度化、複雑化
 してきたことも関係があるのでは。

 今までの仕事であれば「周囲のかかわり」は必要なかったのかも。
 (上司と部下の点と点の関係で事足りていたのかも)

・調査対象者が、2〜30代と幅広い。
 仕事を任されている人もいれば、そうでない人もいるはず。

・「1週間程度の他工場やグループ会社での仕事」が、どのように業務能力向上、
 成長に寄与するのか?

○顔なじみになり社内外の人脈が広がることで、その後の仕事が進めやすくなると
 いったことが、業務能力向上につながるのでは。

 (このあたりは、メカニズム 「周囲のかかわり」→「成長」に関係するかも)

・別の職場を見ることで、視野が広がるといった
 認知構造の拡大はあるかもしれない。

・観察しただけでは、新人は仕事を覚え、理解することはできない。


・調査対象にとってOJT指導員は、ラインの課長だったのか、先輩だったのか?

○本調査では、誰をOJT指導員として想起したのかは特定できていない。

・業務能力向上だけでなく、メンタル面での新人のケアといった所も
 調査していくのか。

○今後の課題。喫緊の調査では業務能力向上や組織社会化が中心。

質問して下さった方の中には、前職の同僚がいました。

びっくりしましたが嬉しかったです。(Tさん、ありがとうございました!)


=================================


そのあとの発表は、JAXA 宇宙科学研究所の長谷川克也氏による

「若年層の意欲の芽を摘み取る現代の徒弟制度による技術者育成

  〜プレイングマネジャーがつくる現代風徒弟育成〜 」 でした。

私の研究とも重なる部分が多く、興味深く拝聴しました。


・若手技術者の意欲低下は、受け手ではなく、
 育成者側、育成環境に問題がある

・OJTで先輩の背を見ても若年層は育たない

・大学教育のあとに、徒弟制度が待ち伏せしている

・高度技術になればなるほど、やらせてもらえない

・高学歴の技術者は「何かができるという自負」をもって入社してくるが
 先輩技術者の「圧倒的な技術差」を見て、精神負担を感じる。

・町工場に非常に高い技能を持った職人が残っているのは、
 職人に高度な技能がつくまで
 職人に仕事を与え続けた経営者のおかげといってよい

・プレイングマネジャーにOJT担当をあてないだけで、現代風徒弟制度を防止できる

 実際、5〜6年目をOJT担当にしたところでは、新人の育成が上手くいった

 新人ではプレイングマネジャーに質問できないことも5〜6年目であれば聞ける。
 5〜6年目を育てるという意味でも重要。

・正直、宇宙開発技術に関して、若手にやらせられることが少ない。

 本人が自分から会議に食い込んでいくか、良い先輩を見つけるか

・小さい実験を任せてもらったり、外に出して、
 よその研究所と共同研究をやるのは効果的。

・大プロジェクトだと、人脈は広がるが、成長は少ない。

・生産現場のOJTでは、マニュアルが完備されているが、
 研究開発の現場ではマニュアルはない。

 徒弟制になってしまい、やらせることもなく、
 見て学べスタイルになってしまう。


(ありがとうございました!)


=================================

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/925

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)