« 「ウメサオタダオ展」 | メイン | 「新しい公共支援事業」に関わることになりました。 »

組織社会化に関する論文(3)

=====================================

組織文化と組織社会化戦術の関連 2010 

 小川憲彦 大里大助


・日本企業の組織文化は、進取志向、成果志向、協力志向、自由志向、
 安定志向、精確志向の6次元から構成されうる

・組織文化次元は、組織社会化戦術に必ずしも大きな影響を及ぼしていない

・組織社会化戦術とは「役割から役割への移行における個人の経験が、
 その組織の他者によって構造化、組織化される方法」
 (Van Maanen&Schein 1979 p230)

・組織社会化は、組織文化を伝達する重要な役割を担う過程であるにも関わらず
 マクロ現象としての組織文化のとの関係において、自覚的な取り組みがなされた
 ことは極めて少ない

・Van Maanen & Schein(1979)の組織社会化戦術の6次元を修正し、
 3次元に集約したのがJones(1986)

      制度的    個別的

      集団的    個人的
 文脈的  公式的    非公式的

      規則的    不規則的
 内容的  固定的    可変的
      
      連続的    断絶的
 社会的  付与的    剥奪的

・1200人を超える大企業 279社に質問紙調査 2008年3月〜4月

・設立年数は、組織文化の全ての次元に対し5%以上の有意な関係を示した

・組織社会化のあり方を規定するのは、文化の内容よりも、むしろ文化の強さ、
 ここでは経営理念の浸透度であった

・文化の内容と社会化のあり方にはごく弱い関係性しかない

・今回の結果は、単純な刺激―反応関係を前提としたVan Maanen & Schein(1979)や
 Jones(1986)の仮説に、一定の見直しを迫る結果であったように思われる。


○添付されている質問紙も、とても参考になる。


=====================================

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/957

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)