« 「働くことと学ぶこと−能力開発と人材活用」 | メイン | 組織社会化に関する論文(3) »

「ウメサオタダオ展」


2012年1月5日(木)午後、東京での「一人合宿」の後、

日本科学未来館の「ウメサオタダオ展」に行きました。


2月20日に開催される「勝手にウメサオタダオ研」の事前課題に従い、
京大式カードをもって見学します。

私自身が展示を見ながら、カードに書き込んだのは・・・

・カードはさわれることが大事なのかも 操作性 PCではできない
・キーワードのみの「こざね」 これができるためには頭の中に情報が必要
・アジテーター 人をその気にさせる人 
・カード=PC=忘却の道具 検索すればよい
・嫁と姑 悪いのは男 別居が一番 ←痛快な解決策 ウメサオ家は?
・世界地図と重ねるとぴたり合わさる 気持ちいい
・馬に乗れるとかっこいいな 背中が伸びて腰でのっている感じ
・ほんと何でも書きこむ人 Life Log
・戦争中でも好きなことをやっている 
  この人を見てると何でもやれそうな気がする

見終わって、会場を出てきたら、某先生とバッタリして、びっくり。

気があいますねー。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/996

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)