« 2011年10月 | メイン | 2011年12月 »

2011年11月28日

「質的研究について考える」 経営行動科学学会シンポジウム

2011年11月26日(土)明治大学で開催された

経営行動科学学会のシンポジウムを聴講してきました。


私の理解の範囲で、どのような内容だったのかをシェアします。

「質的研究について考える」


2011年11月26日(土)15時10分〜17時10分

(・講演)

===========================

●佐藤先生

・量的研究はヒマラヤ山脈のよう 最近メルトダウンが始まっている
 質的研究はサバンナのよう 両者の間にはグランドキャニオンのような谷がある

・3つの次元 

 技法:量的、質的 データ:量的、質的 文体:量的、質的

・これら3つ×2で、8通りの方法論がある 
例:技法は量的、データも量的、文体は質的 「Book」のような本

・問題構造化プロセスとしての「定性的分析」

 問題の構造化 →データ(インタビューデータ等)収集→データ分析 (質的)
 (質的)
        →データ(サーベイデータ等)収集→データ分析 (量的)

・つまり、量的研究をやっている人も、問題の構造化プロセスにおいては、
 質的方法で行っている。

・大事なのは、「数値に血を通わせる」「物語に規律を与える」ということ

・エスノグラフィーの魅力は、現場密着による手触り感

・アンケートは、あくまでリモートセンシング

・自分は10年で1冊の本を書くペース

・エスノグラフィーのりクスとしては、
 −視野の狭窄化による「現場至上主義」
 −分析的視点の欠如による「体験談」

・今気になる点としては「マニュアルの反乱」と「バズワード化」 
 エスノグラフィーが流行り言葉になっている(例:マーケティングエスノグラフィー)

・量的研究の基本も学ぶべき 「数字で語る」という本が参考になる


===========================

●金井先生

(発表で一部使用された資料 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/81003449.pdf

・アクションリサーチ せっかく調べるのだから、相手の役に立ちたい

・シャイン先生は、何をやっても全ては介入になる といっている
 (アンケートやインタビューも)

・Interventionは介入というよりも「積極的働きかけ」という訳の方がよい

・ヴァンマーネン先生が、組織社会化に興味をもったきっかけ

 「警察をクソだと言っていた友人が、警察に入ったら同じようなクソになった」

・エスノグラフィーはいつも大当たりではない

・シャイン先生のヴァンマーネン化 ヴァンマーネン先生のシャイン化

経営組織論における臨床的(クリニカル)アプローチと民俗誌的
 (エスノグラフィック)アプローチ : 定性的研究方法の基礎と多様性を探る
 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/00173836.pdf

組織行動論におけるクリニカル・アプローチ
―エドガー・H. シャインのアプローチとアクション・リサーチの一形態―
 https://www.b.kobe-u.ac.jp/paper/2011_16.pdf


===========================

●松尾先生

・GTA=定量に近い定性

・理論をデータから生み出そう!という点に共感

・KJ法に近い 「くくって」「関係づける」 

・理論をデータから作った後、既存理論と比較する

・GlaserとStraussはケンカ別れしたよう?

・自分(松尾)は、Straussのやり方

・コード化 −オープンコード化 −軸足コード化 −選択コード化

・病院のエスノグラフィーをする中で「ジャーナリストでもいいや」と思った時期があった
 「このいい話を伝えたい!」と。

 ただ、理論がない。そこでGTAでやってみたら上手くいった 手法のすごさを実感した

・量的はスパッと結果が出て気持いい 

 質的は分析プロセスの妥当性が示しにくい コーディングプロセスのブラックボックス化
 生データを示すことで対処


===========================

●質疑応答

・体験談と良いエスノグラフィーの違いは?
 
 →先行研究から問題設定できているかどうか

【佐藤先生】

・Applied research と Action researchの違い

・付け焼刃になっているのでは


・あらかじめ理論をもたず、先入観をもたずに現場に入った方がよいのか?

 →それで本当に気づけるのか。血の小便が出るぐらい、読みこんでから入った方がよい
  中途半端な理論をもって現場に入ってはいけない

  GlaserはEmerging(自然と浮き出る)StraussはForcingと言っている。
  自分(佐藤)は、Straussに共感する

・長い論文でもストーリーがあると読める


===========================

●まとめ

・質的、量的に関係なく、よい研究をすること

・経営学としては、役に立つというAction Researchの視点を忘れてはいけない

===========================

どうもありがとうございました。

2011年11月09日

2011年冬学期 中原ゼミ 英語文献 POS(1)

2011年冬学期 中原ゼミでの英語文献は

The Oxford Handbook of Positive Organizational Scholarship です。

ゼミでの議論や感想をさし障りのない範囲でシェアします。

=================================

2011年10月25日

●Ch.1 Introduction: What is Positive About Positive Organizational Scholarship?
     導入:POSにおけるポジティブって何?


 Ch1を要約したレジュメ


ミシガン大学 POSセンター
 http://twitter.com/#!/nakaharajun/status/128759912334495744

POSとは
 http://twitter.com/#!/nakaharajun/status/128763328075018241


・POS ポジティブ心理学の流れ 批判内容も似ている

・POSは良いものに注目していこう まだ定義されていない

・コッターをはじめとするハーバードへのアンチテーゼか ミシガン大の

・ポジティブな視点 3つが重要 平均以上に上げる

・出てくる背景としては、アメリカの911

・Survival Anxiety 生存不安 

 今まではネガティブな点から組織を動かしていこうとする動きがメイン

・つらいと言われても動かない もうきかないのでは

・社外勉強会 何となくよさそういう理由で出ている 楽観的

 ソーシャルメディアを使いこなしている人ほど、社外に出てそう

・ポジティブ ニュートラル ネガティブ

・格差 階層の問題とも関連 年収300万でポジティブになれるか

・アメリカであれば、ポジティブさは白人に関係するかも

・日本 江戸時代 より楽観的 今は自虐的

・アメリカ 戦後 ポジティブさ

・前向きに捉える力は、資本となるのかも

・東大 希望学 社研 http://twitter.com/#!/tatthiy/status/128764733951184896

・ポジティブさ 今は個人の資質 
 実は誰といるかにもよるのでは ポジティブ状況論?

・基本は、心理学などで、個人の態度おちになるかも

・ネガティブになるのは職場要因 ポジティブになるのは個人要因かも 
 職業によるかも

・どういう職場にいると、ポジティブになるか 階層線形モデルで

ゼミでの議論
 http://twitter.com/#!/nakaharajun/status/128783041245089792
 http://twitter.com/#!/nakaharajun/status/128783099327807490
 http://twitter.com/#!/nakaharajun/status/128783363422175232


=================================

2011年10月18日

●Ch.39 Relational Mentoring − A Positive Approach to Mentoring at Work

・初期キャリアにしか、フォーマルなメンタリングはありえない

・「一人前」後が研究されていない

・いままでのメンタリングは、マイナスからゼロにもっていく 

 ゼロからプラスへともっていくのが、POSメンタリング 

 一人前以降は、自分でネットワークを作っていく

・メンタリングが必要な時期とそうでない時期があるのでは?

・インフォーマルな状態だと、自分がメンターだと認識しずらいのでは?

・1人のメンターとの関係だけか 


=================================

2011年11月1日

●Ch.65 Organizational Healing - A Relational Process to Handle Major Disruption

「Organizational Healingとは?」
 http://twitter.com/#!/nakaharajun/status/131299016888688640
 http://twitter.com/#!/nakaharajun/status/131301708671361024

「組織における喪失」
 http://twitter.com/#!/fumituki85/status/131300871660257280

・311以降、コミュニケーションの量が職場内、部門間で増えた

・共通体験

・ワイクの組織化の議論 意味付与

・311を上手く利用しようとした経営者もいるかも 理念浸透

・危機時にリーダーとしてふさわしい行動がとれたか はっきり見られてしまう

・POSにおいては、主語が組織であるため、何を調査して良いのか見えにくい

・個人がいなくなることで、組織が回復するならそれも良しという考え

=================================

2011年11月8日

●Ch.38 Personal Growth Through Career Work

・客観的な指標での成功が、心理的な充足につながるとは限らない

・キャリア研究 主観vs客観 内容vs過程

・経済学者 小池先生 OJT研究の大家 
 OJT=キャリア・仕事の配列と捉えることで研究しやすくした


「キャリアカウンセリングの概念と理論」
 http://twitter.com/#!/nakaharajun/status/133847643494432769

=================================

ありがとうございました。