« 2011年冬学期 中原ゼミ 英語文献 POS(1) | メイン | 2011年冬学期「文化・人間情報学基礎III」 »

「質的研究について考える」 経営行動科学学会シンポジウム

2011年11月26日(土)明治大学で開催された

経営行動科学学会のシンポジウムを聴講してきました。


私の理解の範囲で、どのような内容だったのかをシェアします。

「質的研究について考える」


2011年11月26日(土)15時10分〜17時10分

(・講演)

===========================

●佐藤先生

・量的研究はヒマラヤ山脈のよう 最近メルトダウンが始まっている
 質的研究はサバンナのよう 両者の間にはグランドキャニオンのような谷がある

・3つの次元 

 技法:量的、質的 データ:量的、質的 文体:量的、質的

・これら3つ×2で、8通りの方法論がある 
例:技法は量的、データも量的、文体は質的 「Book」のような本

・問題構造化プロセスとしての「定性的分析」

 問題の構造化 →データ(インタビューデータ等)収集→データ分析 (質的)
 (質的)
        →データ(サーベイデータ等)収集→データ分析 (量的)

・つまり、量的研究をやっている人も、問題の構造化プロセスにおいては、
 質的方法で行っている。

・大事なのは、「数値に血を通わせる」「物語に規律を与える」ということ

・エスノグラフィーの魅力は、現場密着による手触り感

・アンケートは、あくまでリモートセンシング

・自分は10年で1冊の本を書くペース

・エスノグラフィーのりクスとしては、
 −視野の狭窄化による「現場至上主義」
 −分析的視点の欠如による「体験談」

・今気になる点としては「マニュアルの反乱」と「バズワード化」 
 エスノグラフィーが流行り言葉になっている(例:マーケティングエスノグラフィー)

・量的研究の基本も学ぶべき 「数字で語る」という本が参考になる


===========================

●金井先生

(発表で一部使用された資料 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/81003449.pdf

・アクションリサーチ せっかく調べるのだから、相手の役に立ちたい

・シャイン先生は、何をやっても全ては介入になる といっている
 (アンケートやインタビューも)

・Interventionは介入というよりも「積極的働きかけ」という訳の方がよい

・ヴァンマーネン先生が、組織社会化に興味をもったきっかけ

 「警察をクソだと言っていた友人が、警察に入ったら同じようなクソになった」

・エスノグラフィーはいつも大当たりではない

・シャイン先生のヴァンマーネン化 ヴァンマーネン先生のシャイン化

経営組織論における臨床的(クリニカル)アプローチと民俗誌的
 (エスノグラフィック)アプローチ : 定性的研究方法の基礎と多様性を探る
 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/00173836.pdf

組織行動論におけるクリニカル・アプローチ
―エドガー・H. シャインのアプローチとアクション・リサーチの一形態―
 https://www.b.kobe-u.ac.jp/paper/2011_16.pdf


===========================

●松尾先生

・GTA=定量に近い定性

・理論をデータから生み出そう!という点に共感

・KJ法に近い 「くくって」「関係づける」 

・理論をデータから作った後、既存理論と比較する

・GlaserとStraussはケンカ別れしたよう?

・自分(松尾)は、Straussのやり方

・コード化 −オープンコード化 −軸足コード化 −選択コード化

・病院のエスノグラフィーをする中で「ジャーナリストでもいいや」と思った時期があった
 「このいい話を伝えたい!」と。

 ただ、理論がない。そこでGTAでやってみたら上手くいった 手法のすごさを実感した

・量的はスパッと結果が出て気持いい 

 質的は分析プロセスの妥当性が示しにくい コーディングプロセスのブラックボックス化
 生データを示すことで対処


===========================

●質疑応答

・体験談と良いエスノグラフィーの違いは?
 
 →先行研究から問題設定できているかどうか

【佐藤先生】

・Applied research と Action researchの違い

・付け焼刃になっているのでは


・あらかじめ理論をもたず、先入観をもたずに現場に入った方がよいのか?

 →それで本当に気づけるのか。血の小便が出るぐらい、読みこんでから入った方がよい
  中途半端な理論をもって現場に入ってはいけない

  GlaserはEmerging(自然と浮き出る)StraussはForcingと言っている。
  自分(佐藤)は、Straussに共感する

・長い論文でもストーリーがあると読める


===========================

●まとめ

・質的、量的に関係なく、よい研究をすること

・経営学としては、役に立つというAction Researchの視点を忘れてはいけない

===========================

どうもありがとうございました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/976

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)