« 戦略不全の論理 | メイン | 無料説明会情報(日経新聞) »

2012年夏「経営学習論」(5)越境学習

授業の最後は、組織の境界を越える「越境学習」がテーマです。

===

7月11日(水)

・Engstrom, Y.(2004) New form of learning in co-configuration work. Journal of workplace learning. Vol.16 No.1/2 pp11-21

○文献訳は私が担当しました。手ごわかったです。

発表資料を見る

レジュメを見る
 

・組織内外 組織を取り巻く境界

・これまでの授業 
  −Socialization 
  −Experience
  −Oversea
  −Resocialization

・現代社会論 Liquid(液状)化、Globalization
  Solidなものが溶解していく社会

 アンカーがほしいが。不安が増す社会。
  Sennette 不要とされる不安

・組織の枠 Boundary 以前はくっきり、今はぼんやり Blur

・M&A、2社での共同設立会社

・1970年代 教材、教師を見る研究
 1980年代 学習は現場で起こっている(職場学習)
 1990年代 Engestrom 

 それまでは、個人を見る「学習」上部構造
  下部は「労働」生産構造

 2000年代 組織内外の学習 
  Boundary crossing、Boundaryless

・Learning と Mobilization(移動)

・1920年代 行動主義的学習論 Skinner
  個体の中で何が起こっているのかは見ない

 1)偶発的行動 2)正と負の強化 3)行動、認知をコントロール

 強化「される」主体として、人を見る

・1960年代 認知主義的学習論 Dewey、Piaget
  個体の中で起こっているのは「概念、シェマ」

  個体⇔環境 フィードバックを得る

・ Vigotsky 
  個体→ 媒介(他者、道具)→環境 3項関係で見る

・ここまでの学習は、個体の変化=学習 と捉えている。

・分析単位は個 ここに異を唱えたのが、レコンチェフ、
  形にしたのがエンゲストローム

・1980年代 Engestrom

 1)見ていくべき単位は、上部と下部構造 活動システム(分析単位は組織)
 2)要素間の矛盾→拡張的学習→システム(組織)の変化

・どこかが変わると、どこかに矛盾が出てくる。

  活動システムを変えていくのが、学習。

 例)病院におけるX線機械(道具)の導入、主体(医者)、対象(患者)

・エンゲストロームは「学習」とは言わない 「拡張的学習」「学習活動」と呼ぶ。

・エンゲストロームにとって 研究=変革

 DWR Developmental Work Research 発達仕事研究 Action Research

 現場に介入 状況を三角形で見える化して「どこを変える?」とせまっていく

 こういう研究は少ない 論文になっているものは最新のものではない
  査読を待っていると時間だけ過ぎる

・分析単位がどんどん広がる

・Association 連携 

・あらゆるものが、Co-configuration work 協同構成的仕事でない仕事の方が、今は少ない
 
 協同構成的でない仕事の代表格としては、一昔前の大学(縦割り)

 https://twitter.com/nakaharajun/status/222940265437081601

・各活動システムから派遣されて、一緒に仕事をする(結び目)
  そこから持ち帰ると、以前いた組織で矛盾が起こる それが変革につながる

 例)サッカーの日本代表 チームから派遣 代表として仕事 戻るとチームも変わる

・Knotworking から、先は見えてこない

・学習のメタファー 

 個人:1)獲得 2)参加 の二つ 第3のメタファーはまだ無い
 組織:1)拡張 

・組織の中で起こっていることを記述する 

・顧客(対象)が変わっている中、下部構造(ルール、共同体、分業)を変えたがらない
  官僚組織。その場合、個人落ち(主体)になってしまう

・この言説で一番得をするのは誰かを考える

===

7月25日(水)

・Engstrom, Y.(2009) Wildfire activities: New patterns of mobility and learning. International journal of mobile and blended learning. Vol.1 No.2 pp1-18


・1980年代後半〜2000年代

  Lave & Wenger(1991)コミュニティへの参加としての学習

 Staticなコミュニティ

 周辺的から中核的参加

・Participation metaphor=学習

  〜らしく振る舞えるようになる
  (行動、Identityの変化

 「うちの〜は」内/外

・Lave & Wengerへの反論 by エンゲストローム

 1)コミュニティはDynamicに変化する
  
 2)多重成員性 Multi membershipをやりくりしている
    それをとらえていない

 3)線形的に変化するように見えるが、実際は
    Communitiesを移動する Mobility移動としての学習

・これらの批判から、状況的学習論は混乱していった
  現状の複雑さを記述しきれていない

・今後は一つの組織の一つのアイデンティティだけで、
 やっていくのは難しいかも

・Liquid社会

・Wildfire野火という概念も流行っているとは言えない

・ポストモダン的で論文も何を言っているかわからないかも

・世の中で起こっていることにアプローチしようとしている

・New challenge

 −境界と学習(無境界/非境界)

 −共振性(Virus)
 
 −更新性 Update 

 −緊急のコンテクスト

・フラッシュモブ ハッカソン 

・デュルケーム 祝祭としての学習

 日常:経済的活動 ⇔ 非日常:非経済的 コンサマトリー(自己充足的)

・合衆的祝祭 不特定多数、自由意思、集合的活動
 この辺がエンゲストロームと似ている

・学習もカーニバル化しているかも

・今起こっていることを記述しようとしている

・「越境学習」「祝祭としての学習」「野火」等は、
 ある程度の学習を終えているというのが前提

 「もちよる」ということはある程度の専門性をもっている
 独力で達成できないことを、周囲の力を借りて行う

 のる人、のれない人がいる

・ある程度の学習を終えた人が更に上に行く
  ある程度の学習をしている間に、学習がつまらなくなって
  しまう人もいるかも

・格差(もつ者ともたざる者)が固定化するかも

・新保守主義(ネオリベラル)自己責任論

・社会的属性によって起こる学習を記述する形になるかも
 グランドセオリーが作れない 皆ちがって皆がいいという状態

・生産であって、学習では無いのでは

・越境学習的なものは、個人が主体
  だからこそ、Archive化が重要かも 全部がフローに

・誰かが誰かに というイニシアチブが、
  学びのイニシアチブが個に移ってきている

===

刺激的な授業でした。ありがとうございました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/1027

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)