« 2012年09月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月06日

2012年7月〜9月 活動報告

2012年10月5日(金)

お世話になっている皆さまにお送りした近況報告メールの一部です。

================================

いつもお世話になっております。ラーンウェルの関根です。
三連休前の金曜日、いかがお過ごしでしょうか?

さて、本日は、以前からお世話になっている皆さまと、最近ご縁を頂き
名刺交換をさせて頂いた方々に、近況報告も兼ねてメールをお送りいたします。

今回も長文ですので、お時間のあるときにご高覧頂けましたら幸いです。

******************************************************************

【前回の近況報告メール】

前回は、2012年6月29日(水)に、4月〜6月の活動についてご報告しました。

http://learn-well.com/blogsekine/2012/07/201246.html

お忙しい中ご返信下さった皆さん、ありがとうございました。

******************************************************************

【近況報告】


今回は、2012年7月〜9月の活動について、
ブログへのリンクを中心にご報告します。

=================================

1.仕事


7月〜9月は、各社様での「指導員研修」や「ペア研修」が続きました。


●2011年度 アンケート結果

昨年度の各研修のアンケート結果がまとまりました。

(データ分析にご協力下さっているLCI社の内田さん、
 http://www.lci-h.co.jp/service/enquete.html いつもありがとうございます)


「OJT指導員研修」
http://www.learn-well.com/blogmanabi/2012/07/2011ojt.html

「ペア研修」
http://www.learn-well.com/blogmanabi/2012/08/2011.html

「OJT指導員フォロー研修」
http://www.learn-well.com/blogmanabi/2012/09/2011ojt_1.html


=================================

2.大学院


●青山学院大学大学院 集中講義

中原先生ご担当の集中講義「組織行動論」の一部に参加させて頂きました。

「組織社会化論」
http://learn-well.com/blogsekine/2012/09/post_371.html

「海外勤務研究」
http://learn-well.com/blogsekine/2012/09/post_374.html


上記に関連して、夏休み中に読んだ「組織社会化論」のレビュー論文集です。

「Oxford Handbook of Organizational Socialization 2012」
http://learn-well.com/blogsekine/2012/09/the_oxford_handbook_of_organiz.html


●夏合宿

今年の大学院 夏合宿でのテーマは「源流を探る」でした。
私は「組織」の源流を探るをテーマに、レポートを書きました。

毎年、合宿前の事前準備は大変なのですが、今年は特にきつかったです。
(その分、勉強になりました)

「源流を探る」
http://learn-well.com/blogsekine/2012/09/2012_4.html


●本のまとめ

「わざ言語 感覚の共有を通しての「学び」へ」
http://learn-well.com/blogsekine/2012/07/post_367.html

「わざから知る」
http://learn-well.com/blogsekine/2012/07/post_369.html

「組織と技能〜技能伝承の組織論」
http://learn-well.com/blogsekine/2012/07/post_370.html

「戦略不全の論理」
http://learn-well.com/blogsekine/2012/07/post_368.html

「二宮尊徳」
http://learn-well.com/blogsekine/2012/07/post_365.html

↑二宮尊徳(金次郎)関連の本です。
小学校にある「薪を背負った金次郎」像への見方が変わりました。

=================================

3.家族

●7月 

田植えのお手伝い
http://tokigawa-machi.seesaa.net/article/279488416.html

↑この様子を、海外(主にアジア)向けにFacebook Pageで紹介したところ、
反響がすごかったです。

http://www.facebook.com/manabi8


●8月 夏休み

夏休みは、近所の川やプールで遊んでました。
長男が3歳になり、おむつも外れたので、行動範囲が広がりました。

マスのつかみどり
http://tokigawa-machi.seesaa.net/article/282575804.html

都幾川
http://tokigawa-machi.seesaa.net/article/284717710.html

大分での夏休み

8月のお盆明けから妻の実家 大分県玖珠町に帰省しました。
子供達もだいぶ慣れていて、向こうの友達とも楽しく遊んでいました。


●9月 

木のむら キャンプ場
http://tokigawa-machi.seesaa.net/article/292885547.html

地元ときがわ町にあるキャンプ場です。
すぐ近くなのに、遠出したような気分になりました。

=================================

4.地域


●新生とうちゃんず

http://tokigawa-machi.seesaa.net/article/286214762.html

とうちゃんず仲間とは、今度は保育園の秋祭りで何かやろうと企んでいます。


●町の運動会

明後日(10月7日)は、ときがわ町の運動会で、私は60m走やリレーに
出るので、ひそかに気合いが入っています。

奥さんとは、二人三脚玉入れリレーに参加します。
怪我しない程度に、はりきってやってきます。


●小学校での本の読み聞かせボランティア

2学期は、複数回ぐらいしか参加できないのですが、
それでも行ける日はなるべく行こうと思っています。

一昨日(10月3日)は、次女のクラス(1年生)に行きました。

もう2回目なので、子供達も「あ、あやのちゃんのお父さんだ」と
ちょっかいを出してきます。

今回は次女お薦めの「ポッケのワンピース」と「もりのなか」を読みました。
皆、集中して聞いてくれ、ときおり笑いもでていました。

読み終わったら、男の子が腕をつかみ「もっと読んで〜」とせがんできました。

10分間しかないのが残念です。


******************************************************************

【ご案内】


お世話になっている日経新聞Hさんのお薦めセミナーです。

=================================

●らでぃっしゅぼーや株式会社様の事例から学ぶ 昇進・昇格試験を
 基点とした人材育成への展開 〜日経TESTならびに通信教育の活用

2012年10月17日(水)13:30〜16:30 
 東京駅サピアタワー9階 埼玉大学セミナールーム

先着順 50名 参加費無料

https://area34.smp.ne.jp/area/card/328/98Vs4H/M?S=lhld3mep

=================================
******************************************************************

【今後の予定】

●今後

いよいよ来週からは、大学院の冬学期が始まります。

授業は、山本博文先生の「日本文化論研究」を取ります。
新渡戸稲造「武士道」や「外国人から見た日本」について学びます。

正直、仕事と修論書きで、アップアップなのですが、
この授業は楽しみたいと思っています。

1月に修論を提出して卒業する予定なので、今年が最後です。
最後の一学期、楽しく大事に過ごしていきます。


●次回報告

次回は、10〜12月の活動について12月下旬くらいに、
皆さん宛て近況報告メールをお送りできたらと考えています。

******************************************************************

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

以上です。長文にお付き合い下さりありがとうございました。


皆さまのお陰で無事、第3四半期も乗り切ることができました。
ありがとうございます。

今年もあと3カ月、今関わっているプロジェクトの大詰めと修論書き、
そして各社様での研修等に尽力していきます。

やることは多く、いっぱいいっぱいになるときもありますが、
目の前の仕事を大切に、一つずつ着実に進めていきたいと思っています。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

================================