« 漫才と研修の融合 | メイン | 2013年7〜9月の活動 »

フランス人研究者とのプロジェクト

「AOM 2013」で知り合ったフランス人研究者 Dr. Lucas DUFOUR と
コンサルティング契約を結ぶことにしました。

彼は、フランスのモントペリエールビジネススクールで、
MBAコースや、組織行動論を教えています。

(30代前半、優秀で快活な若手研究者です。)

DSC_1073.JPG

彼には、今後

・組織行動論 とくに「組織社会化」研究の最新動向
・「指導員」による新人指導に関する主要文献の要約
・フランスの若年者雇用状況等

を定期的にレポートしてもらうことにしました。


私自身も、国内学会誌や、海外ジャーナル等で、
最新の研究に触れていきますが、それでも時間と能力に限界があります。

「餅は餅屋」で、プロの研究者の力を借りたほうが、早いし的確です。

(そう思ったきっかけは、AOM参加と、この本でした。

 『世界の経営学者はいま何を考えているのか』
  http://learn-well.com/blogsekine/2013/08/post_393.html


===

AOMに参加し、ルーカスの研究発表

「They Need Your Help!
 Newcomers' Needs for Socialization Support and Supervisor Responses」

を聞き、そのあと話す中で、

「この人とだったら、長いつきあいができるかも」

と直観的ですが、思いました。

http://learn-well.com/blogsekine/2013/08/aom_5_organizational_socializa.html


帰国後、メールやスカイプでやり取りをする中で、
上記プロジェクトを合意し、参画してもらうことになりました。


まずは、2013年12月中旬に、彼からのレポートが届きます。

どんな内容か、今から楽しみです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/1099

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)