« AOM 5日目 「Socialization & Network」 | メイン | アメリカ出張 おまけ »

AOM(アメリカ経営学会)2014 参加ふり返り

AOM(アメリカ経営学会)年次大会@フィラデルフィア 
昨年に続いて、2回目の参加となりました。

私が参加したのは全体セッションの一部のみですが、
独断と偏見で、感じたことを記録に残しておきます。

===

1.たくさんの細かい研究


これは去年も感じたことですが、
研究がより精緻に、細かくなっているような気がします。

(2013年度のふり返り http://learn-well.com/blogsekine/2013/08/aom.html )

私が参加した「組織社会化」研究では、そのほとんどが縦断的調査です。
2回ぐらいは当たり前、多いものでは、6回ぐらいとっている研究もあります。


また、分析レベルも、より細かくなっています。

Multi-level 多層分析ということで、

1)Organizational level 組織レベル
2)Between Persons level 人間間レベル
3)Within Person level 個人の内面レベル

を明確にわけて分析していこうとしています。


私は研究者ではないですし、研究の世界(学会で認められる等)で
生きていく気がないので、よくわからないのですが、

細かく精緻に、科学的に「正しい」方法で研究を進めていっても、
本当に、誰かのために役立つ研究になっているのかなーと思ってしまいます。


AOMプレジデントの講話では、Scholaship 4種類の一つとして
「Integration 統合」が紹介されていました。

(AOMプレジデントの講話
http://learn-well.com/blogsekine/2014/08/aom_3_aom.html  )


確かに、これだけどんどん細かい研究が生まれてきていると、
下手すると、生んだだけで終わっている研究もたくさんありそうです。

どこかの段階で、これまでこういう研究があり、
こういう風に現場に役立っているといった総まとめとか、
研究者の世界外への発信も必要な気がします。

レビュー論文が一部その役割を果たしているとしても、
論文に慣れていない普通の人には、やはりハードルが高いです。


(『世界の経営学者はいま何を考えているのか』というビジネス書の良さは、
 そこにあるのかもしれません。http://learn-well.com/blogsekine/2013/08/post_393.html )


微力ですが、こういう会に参加させて頂いた一人として、
生み出された研究のほんの一部であったとしても、
現場で役立たせる一助ができたらと思いました。


===

2.Dark side 暗黒面


今回参加したセッションの中には、

・Hazing しごき
・Burrying いじめ
・Heavy drinking 飲みすぎ

といった組織行動の暗い側面にも光が当てられていました。


去年のAOMで、セッション数が多かった「組織市民行動」も
http://learn-well.com/blogsekine/2013/08/aom_4commitmentocb.html
「良いことばかりではなく、Dark sideもあるよ」という論文も出ています。

(中原先生のツイッター
 https://twitter.com/nakaharajun/status/468952463551496192 
 https://twitter.com/nakaharajun/status/468953387518943233 )

ある分野について、ある程度、研究が進むと、
「皆が言っている良いことばかりでなくて、暗黒面もあるよ」と、
Dark sideネタがでてくるのかもしれません。

1)Good side
2)Dark side

と来たら、次は何がくるのでしょうね。


===

3.今後のためのメモ

・参加するセッションの文献を読んだうえで参加すべし。
 読まずに参加して、後から読もうとしても、なかなか読めない。

・今回読めた文献は、19本(1本あたり約40pg)
 7月31日〜8月5日の6日間。1日あたり3本。集中すれば1時間で1本。

・20本ぐらい直前に読んで、
 15ぐらいのPaper sessionに参加するのが現実的かも。

・ご縁があって知り合った小数の研究者と密度の濃い話をする。

 (無理やり人脈を広げようとしなくても、一人と信頼関係ができれば、
  その人が他の研究者を紹介してくれる。)

・WIFIは、ほとんどの会場、ホテルで使える。

・会場は寒いので、上にはおるものが必要。

===

以上、今回のAOMに参加して感じたことをまとめました。

来年は、8月7日〜11日に、カナダのバンクーバーで開催されます。

来年も都合をつけて参加しようと思います。


===

下記は、今回のAOM参加に関するブログ記事です。


参加前
http://learn-well.com/blogsekine/2014/07/aom_1.html

2日目(今回は、興味あるセッションがある2日目から参加しました)
http://learn-well.com/blogsekine/2014/08/aom2professional_development_w.html

3日目(AOMプレジデントの講話があります。)
http://learn-well.com/blogsekine/2014/08/aom_3_aom.html

4日目(参加するセッション数が多く、一番大変な日でした。)
http://learn-well.com/blogsekine/2014/08/aom_4_socialization_training.html

5日目(セッションは午前のみで、午後はミーティング中心。)
http://learn-well.com/blogsekine/2014/08/aom_5_socialization_network.html

(2013年 AOM@フロリダの様子
http://learn-well.com/blogsekine/2013/08/aom.html )

===

このような海外出張の機会を得ることができたのも、
お世話になっている方々のお陰です。本当にありがとうございました。

自分が得たことを少しずつでも還元していけたらと思っています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/1153

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)