« 『Transfer of Training』 | メイン | 『専門家の知恵』 『The Reflective Practioner』 »

『Reengineering Corporate Training』

『Reengineering Corporate Training』



○転移促進における学習者個人の役割に着目した本。

 「転移魂」という言葉が、個人的に好き。

(・要約 ○関根の独り言)

===

Introduction

・Transfer of Learning 学習転移は、すべてのTraining programs
 研修プログラムのゴールである。

・学習転移は難しくない。Hard workは必要だが。

・どのように学習転移を、研修プログラムの中で起こしていくか。

・Training志向から、Learning志向へのシフトが必要。

・学習転移は、Thorndike(1901)による認知心理学の古典的研究まで
 遡れる。

・ビジネスにおける学習転移を取り扱った書籍2冊:
 『Transfer of Training』

 『Training and Transfer of Learning』

 この2冊は、研修転移を起こすための組織的支援システムについて
 書かれている。

・本書は、学習転移を可能にするための個人のメンタルプロセスに
 焦点をあてる。

○面白そうだね〜。確かにこういう本はなかったかも。
 「市場に出てないから、自分で書いた」ってかっこいいね。

---

1. Why Corporate Transfer of Learning Isn't Only Nice but
Absolutely Nessesary:The Documented Failure of HRD
Training Programs

・学校教育も、学習転移に失敗してきた。

・HRD研修の有効性を実証した研究は少ない。

・Core skills 核となる汎用性のあるスキルというアプローチは、
 魅力的だが、適切ではない。

・チームワークについて教えてきた筆者であっても、
 上手くチームワークができてない。

・多くの研修プログラムが肯定的な成果を宣伝し「ミラクルメソッド」
 を喧伝する。例えば、加速、総合的、超学習法といったもの。

・しかしそれらの学習方法の効果は実証されてない。

・ビジネスゲーム研修での行動と、実際のビジネスを成功に導く行動
 には、負またはゼロの関係性しかない。

・我々は「我々が良いと思うからする」ということをすべきではない。

・Negative transfer 否定的転移?という現象もある。
 不十分な知識での極端な一般化のこと。

・学習は、学習転移の一形態である。

---

2. What Transfer of Learning Is and Why It Both Does and
Doesn't Occur

・「研修転移」と違い「学習転移」は、単に研修室で学んだことを、
 職場に適用することのみをささない。

 学習転移には、アナロジー(類推・類似)メタファー(隠喩・比喩)
 メンタルモデル、一般的な学習?の使用が含まれる。

 学習転移は、指導テクニックではなく、考え方なのである。

・学習転移により、世界を馴染みのあるものにする。
 似ている点を探すのである。

・すべてのことは、まったく同じようには起こらない。

・転移の肝は、等価である。=サインでつなぐのだ。

・The levels of Transfer として、6つのレベルがある。

 レベル1、2は、単なる学習。
 レベル3は、学習の適用。
 レベル4は、近い転移。
 レベル5、6が、遠い転移。

○ 学習→適用 が転移なのではなく、

  A = A’ を見つけることが転移ということ?

---

3. The Importance of Corporate Transfer of Learning and
How to Fix the Lack of Transfer in HRD Training Programs

・Sengeをはじめとする学習する組織の文献に足りないのは、
 6th discipline としての転移である。

・似ている点を理解することが、肯定的な転移につながる。

・Transfer of Training と Transfer of Learning は違う。

・学習は、研修に比べより生産的で、創造的である。

・学生のほうが、ビジネスパーソンより転移が難しい。

 ビジネスパーソンの場合、研修を受けるときに、仕事という
 学んだことをすぐに適用できる環境がある。

○言われてみれば確かにそう。

 学生さんが学校で学ぶことは、いつ役立つか分からないし、
 どこで適用できるか分からないものもある。

 企業内研修の場合、基本的に学んだことを活かせる場は、
 すぐ近くにある。

---

4. Intellectual Capital:Learning Organizations and the
Transfer of Knowledge

・転移は、Intellectual capital 知的資本を必要とする。

・知的資本には2種類:Human and structural capital

・転移には、大きな知識基盤を必要とする。

○ある程度、その個人が知識を持っていないと、転移はできないと
 いうこと? 何かと何かを見て「似ている」と感じるには、
 それだけの知識がないと、気づけないということかな。

---

5. Teaming with Corporate Transfer: Perosnal Development and
the Small Group as Team and Microworld

・ほとんどの仕事は、チームで行われる。

・集団で働くのは難しく、フラストレーションがたまるものだ。

・アメリカの文化は、集団として機能するような社会化には
 失敗している。個人主義の極端な例が我々である。

 アメリカ人は、チームメンバーとしてどうあればよいのか知らない。

・お互いが何を考え、感じているかを理解しようとすることは難しい。

・家族のメタファーを用いて、チームを理解する。

○アメリカ人はチームで働くのが苦手なんだ。
 だから「チームとして機能する」みたいな本が売れるのかな。

---

6. Product Development, Technological, and Defense Conversion:
Illustrating the Economics of Analogical Transfer

・Conversion 転化とは、ビジネスのために新しい使い方を発見する
 ことである。

 NASAや軍事技術の転用などがその例である。

・Analogical transfer 類推的転移 他の人が見えないものを見る。

・発明、発見には2つの考え方がある:
 1)個人の天才によるもの
 2)その時のその場(文化的状況)によるもの

・Transfer function 転移機能として4つ:
 1)Conversion 転化
 2)Invention 発明
 3)Innovation 革新
 4)Product development 製品開発

---

7. The Transfer Spirit:
Contexts and Cultures of Transfer of Leaning

・学術、HRD文献、双方に書かれていないのが
 「Transfer spirit 転移魂(転移しようとする意気込み?)」

 学習者の態度が転移に果たす役割

・これまで無視されがちであった転移を促進する4つの要素:
 1)Knowledge base 知識基盤
 2)Transfer spirit 転移魂
 3)Culture of transfer 転移文化
 4)Strategy 戦略

○転移させようとする学習者自身の態度が大事。
 あるいはそうしたくなるような支援(職場、講師)も必要かも。

・H.Gardnerは、マインドはいくつかのかたまりに分けられると
 考えているが、筆者は同意しない。

・学習はそれが起こる場や環境から様々なヒントを得て行われる。

---

8. Knowledge, Expertise, Practice, and Transfer of Learning:
The Usefulness of Useless Knowledge

・知識基盤が、学習転移には絶対的に必要。

・2種類の専門家:
 1)Routine expertise 
 2)Adaptive expertise 

 適応的専門家は、類推的思考を用いる。

・Declarative knowledge 宣言的知識が、転移には重要。

・The Usefulness of Useless Knowledge
 使えそうもない知識が、のちに役立つ。他分野への転移。

---

9. Mental Models: Transfer Thinking and Leveraged Learning

・ほとんどの思考は、類似点による推論であるといえる。

○この著者は「Analogy 類推」に焦点を当てているよう。

---

10. Systems Thinking: How to Recognize Generic Structures,
System Archetypes, and Transfer of Mental Models

・P.Sengeの「5th discipline」で欠けているのは、Transfer thinking
 である。

・我々は、何かのパターンやつながりを見ることを学習する。

・何かを、何か違ったものとして見る。

・Transfer thinkerとなるためには、数学者は詩人から学ぶべき。

---

11. Intuition and Decision Making: Transfer of Learning and
the Unconscious

・意思決定における無意識の直観

・直観は使えるのか?答えはYesでもありNoでもある。

・フロイドは、Unconsciousと表現したが、最近はNonconsciousという
 用語が使われる。

---

12. The Transfer Consultant: How to Beging Implementing Transfer
and Save Your Training Dollar

・Transfer consultantとして、他研修コンサルタントを支援する。

・社内講師は重要だが、ほとんどの組織において外部コンサルタントを
 必要とする。

・学習のインストラクションと、転移のインストラクションは違う。

・リサーチをすることは、しないことよりもコストがかからない。

・小数の若い研究者と定期的な接点を持ったほうが良い。

○「転移を支援するコンサルタント」っていう人は、
 確かにほとんどいないかも。

===

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/1162

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)