« 「フィードバック研究会」を実施! | メイン | 多角化と値決め »

11月2日新刊『オトナ相手の教え方』発売!

2015年11月2日(月)

新刊『オトナ相手の教え方』発売開始日に、
お世話になっている方々にお送りした近況報告メールの一部です。

===

いつもお世話になっております。ラーンウェルの関根です。

11月第一週の月曜日、いかがお過ごしでしょうか?
こちら埼玉ときがわ町は久しぶりの雨模様です。


さて、本日は、以前からお世話になっている皆さまと、最近ご縁を頂き
名刺交換をさせて頂いた方々に、近況報告とご案内を兼ねてメールをお送りいたします。

今回も長文ですので、お時間のあるときにご高覧頂けましたら幸いです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(今後こういったメールは不要という方は、お手数をおかけしますが、
 下記で「解除」して頂けませんでしょうか?ご迷惑をおかけしてすみません。)
   https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=learnwell

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今日は、3つご案内させて下さい。

===============================

1.新刊『オトナ相手の教え方』が本日発売!

2.無料コンサルティングのお知らせ

3.第2回「ときがわスキマ旅」開催のお知らせ

===============================


1.新刊『オトナ相手の教え方』が本日発売!

6年ぶりのビジネス書『オトナ相手の教え方』
本日アマゾンでの販売がスタートしました。

2010年から2013年までは、東大大学院での修論執筆に集中するため、
書籍執筆のお話を頂戴した時も、僭越ながらお断りをしてきました。

2013年1月に、中原先生のご指導と研究室メンバーのご支援のお陰で、
無事修論を提出することができました。

その後、機会があれば、これまで学んできたこと、実践してきたことを、
何らかの形でまとめたいなーと思ってきました。


そんな時、クロスメディアパブリッシングの小早川社長に
「教え方に関する本を書きませんか?」という嬉しいお声がけを頂きました。

小早川さんには、独立直後の2006年に処女作『教え上手になる!』を
出して頂いてからお世話になっています。(いつもありがとうございます!)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/475690971X?ie=UTF8&tag=manabinotat07-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=475690971X

編集ご担当となって下さった、中山さん、小泉さんのお力を借りながら
9月末に原稿をなんとか書き上げました。


今回の本は、これまでの「教え方」の本ではあまり触れられなかった部分に
注力して書きたいなと思ってきました。


それは「1人で教えず、皆で教える」

という言ってみれば当たり前のことです。


これまでの「教え方」本の多くは、行動主義の考え方をベースに、
1人の「教え手」が何かをすると、それに「学び手」が反応する という
いわゆる「S(刺激)→ R(反応)」を前提に書かれています。


もちろん、それも大事なのですが、

・教え手も、答えが分からない

・そこまで丁寧に教えている時間がとれない

という状況の中、1人の教え手が「教え方」を学ぶだけでは足りないのでは、
というのが、大学院に入る前からの私の問題意識でした。


そこで、大学院時代は、研究室やお客様のご協力を得ながら
下記、実証研究をさせてもらいました。


(1)1人で教えないOJT(周囲の協力を得ることが、新人の能力向上にもつながる)

 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4820119974/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4820119974&linkCode=as2&tag=salarymanlife-22


(2)新人適応を支援する先輩社員の役割分担(誰の協力を得ればよいのか)

 ↑こちらは2016年3月発売予定の「人材開発研究大全」(中原先生編著)の
  一章に書かせてもらっています。


これらの実証研究やこれまでの先行研究を参考にしながら、
今回の本は「1人で教えず、皆で教える」ためにどうしたら良いかについて
1章(第8章)を割いています。


ただ、今回6年ぶりにビジネス書を書き、気づいたのが
自分の文章が「小難しく」なっているのかもという点です。

編集の中山さん、小泉さんから何度かご指摘を頂きました。
(プロからアドバイス頂けるのはありがたいことですね。)

書籍は、お二人のお陰で、より読みやすい文章になっていると思います。

現場で「1人で教えず、皆で教える」ことに関して興味のある方は、
ぜひ!ご購入検討下さい。


===


2.無料コンサルティングのお知らせ

11月〜12月にかけて、新規のお客様(法人企業の人事教育担当の方々)先に
お邪魔させて頂き、無料のコンサルティングを実施できたらと考えています。


弊社の専門分野である

・OJT指導員制度、メンター制度(新人育成を担う先輩社員の支援)

  http://www.learn-well.com/blogmanabi/2015/07/post_240.html


・研修後の現場実践促進(研修転移)

  http://learn-well.com/blogsekine/2014/03/transfer_of_training.html


に関して、何かお困りの点や検討中のことがあれば、一緒に考えてみませんか?


まずは小1時間程度、一緒にお話しさせて頂く時間を頂戴できましたら幸いです。

社内だけで考えていても、なかなか発想は広がらないかもしれませんので、
外部の専門家の知恵を借りてみてはいかがでしょうか?


(実は、先日参加した「4段階評価法セミナー」受講者の方々と話をしていて、
 この分野(研修の効果測定や転移)については、僭越ですが、専門家が少し
 支援したほうが、効果的、効率的な運用が可能かもと感じたことも一因です。

  http://learn-well.com/blogsekine/2015/10/j4.html )


この「無料コンサルティング」は、弁護士さんの無料相談と同じようなイメージで
初回から数回の面談は無料です。

その時点で「なんか違うな」と思ったらお断り頂けたら結構ですし
「何か、仕事だしてみようかな」(笑)と思ったら、その旨お伝え下さい。


この「無料コンサルティング」の弊社側の目的は、2016年度に向けて、
新しいお客様との接点を増やしたいというのが一番ですが、
それ以外に、弊社パートナー講師への研修も兼ねています。

そのため、私ともう1名が同席させて頂くことになると思います。

「今すぐ仕事は出せないと思うけど、関根と話はしてみたい。」

という方は、よろしければ、このメールへご返信下さい。


先着5社様に、スケジュール調整の上、ご訪問させて頂きます。

(関東圏内、新卒採用をされている企業の人事教育担当の方々が対象。

 ただ、既存のお客様から別件でご相談を頂いた場合は、
 そちらを優先させて頂きます。)


どうぞよろしくお願いします。


===


3.第2回「ときがわスキマ旅」開催のお知らせ

11月29日(日)〜30日(月)

http://tokigawa-machi.seesaa.net/article/427399889.html?1444974106

都心から90分で来られる「プチ田舎」ときがわ町に行ってみよう!企画です。


趣味で活動している「ときがわ活性会」メンバーと、
ときがわ町役場のOさん達と一緒に進めています。


「日曜夜宿泊もあり、難しいかな〜」と思っていましたが、

現時点で、3組6名の方々にお申込み頂いております。(ありがとうございます!)


うちも子供達を連れて、一緒に参加し、天文台に泊まります。


・東京から近く、移動に疲れない程度の「プチ田舎」でリフレッシュしたい

・地域活性の実例について、ときがわ活性会メンバーと話してみたい

という方は、ぜひ!ご参加ください。

http://tokigawa-machi.seesaa.net/article/427399889.html?1444974106

===


以上、今回は3つのお知らせでした。

今後ともよろしくお願いします。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/1249

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)