« 11月2日新刊『オトナ相手の教え方』発売! | メイン | 360度フィードバックに関する文献 »

多角化と値決め

多角化と値決めに関する本。

===

『ドラッカーから学ぶ 多角化戦略』 藤屋伸二 2015


・ニッチ市場での事業を複数持つ「マルチプル・ニッチャー」になる。

・多角化のための新規事業は
 「共通の市場」か「共通の技術」に限定する。

・垂直、水平展開による多角化

・事業コンセプト:誰に、何を、どうやって売るか

・多角化の目的:
 1)強みの有効活用 2)次の成長事業の構築

・現在の主力事業を更に強化するには「対象市場をもうひと絞り」する

・自社の魅力を、顧客に教えてもらい、顧客の言葉で語ってもらう。

・多角化のために、まずやるべきは既存事業の業績アップ。

・既存市場の細分化。

・ニーズ発見法:
 1)顧客の「困った!」 2)顧客の「もっと〜にならないか!」
 3)「こんなのがあったらいいのになあ」
 4)競争相手の動向 5)他で起こっている成功

・自社の主要活動を明らかにする。

・自社の上得意客が認める「魅力」に気づき、そのもとになっている
 強みを活かすのが「多角化」。いわば「強みの用途開発」


===

『会社を強くする多角化経営の実践』 山地章夫 2015


・それぞれの事業がブランド毎に独立採算管理をされながら、
 ひとつの大きな会社のように経営「連邦多角化経営」

・自社業界に近い業界から、新規事業をスタート。

・中小企業がひとつの事業に集中するということは、
 儲けることを諦めるということ。

・選択と集中ではなく、多角化。

・新規事業に取り組むべきタイミングは、「これはイケる」という
 アイデアや事業に出会った時。

・多角化の方向性
 1)市場浸透 2)商品開発 3)市場開拓 4)異業種進出

・新卒採用するために事業を拡大。

・多角化経営すると、部下に丸投げせざるを得ない。


===

『ストックビジネスの教科書』 大竹啓裕 2015


・お客様から安定した仕事をもらえることは
 「ストックビジネス」ではない。

・ストックビジネスの定義:
 1)継続的にお金が入る 
 2)売ることができる(人に依存していない)

・究極のストックビジネスは、無借金の不動産を所有すること。

・「需要超過」に立つ。需要が伸びる業界に。

・コンテンツの質や顧客リスト、信用もストックとなる。
 究極は、ブランド価値の絶対化。

・収益(粗利)×増加数(月間)×継続率(1年後の更新割合)

・やめさせないためにも、コスト意識を変えさせる。


===

『良い値決め 悪い値決め きちんと設けるためのプライシング戦略』

 田中靖浩 2015


・売上-コスト=利益 を忘れて

 1個の儲け(販売単価−仕入単価)×販売数量=全体の儲け で考える

・レッドDOGから、ブルーCATの居る場所へ。

・悪いものは安いし、良いものは高い。これが商売の道理。

・バリュープライシング 顧客はどのくらいの価格なら
 買ってくれるか。

・人間中心の固定費ビジネスでの無料キャンペーンは、提供する人間の
 時間を奪うことになる。

・ビジネス心理学としての行動経済学

===

『小さな会社こそ、高く売りなさい』 竹内謙礼 2014

・優秀ではない人には「考えさせない仕事」を割り振る。

・高く売るためには、我慢が必要。

・「高く買ってくれる人」を集めることが、
 スモールプレミアム戦略の肝。

・「入口商品」で新規顧客を増やす。

・ランチェスターの一点集中戦略は、
 小さな会社にはリスクが大きすぎる。

===

『小さな会社・お店のための値上げの技術』 辻井啓作 2014


・営業利益が高いということは、経費を抑えている可能性あり。
 値上げにより、粗利が増えれば、その分、経費として従業員に払える。
 (営業利益は下がったとしても)

・「値段が分からない商品・サービス」を値上げし、
 「値上げした商品・サービスの価値を高く感じてくれるお客さん」に販売。

・サービス業にこそパッケージ(モノに見かけの形を与えるもの)が必要。


===

『値上げのためのマーケティング戦略』 菅野誠二 2013


・顧客価値創造プライシング

・良い顧客×(顧客の知覚価値↑−ペイン↓)=顧客満足+企業利益

・ニッチには、リッチがいる。


===

『絶対儲かる値上げの仕組み 教えます』 石原明 2015


・意図的に顧客数を減らす。

・適正価格=原価+付随する諸経費+将来発展の費用

・既存顧客への値上げは据え置く。
 新規顧客への値上げを「説明の仕方」を変えることで行う。

・10倍で売れたら、販売確率は1/10でよく、時間が90%浮く。

・クロージングは、質問で。

・他社よりも「長いサイクルで経営を回す」

・今すぐは必要とされていないが、将来大きな差となる行動は何か。

===

この本を読んで、著者の石原氏のセミナーに参加し、
多くの学びを得ることができました。

 http://eliesbook.co.jp/archives/4079

(企画して下さった土井さん、石原先生、ありがとうございました。)

===

『社長、小さい会社のままじゃダメなんです』 石原明 2006


・経営とは、投資によってより大きな収益を上げること。

・会社を大きくする投資の順番
 1)販促 2)採用 3)教育 4)環境整備 5)システム

・大企業は、組織化されることで、社員の能力を効率的に活用している。

・商品構成には「集客のための商品」と
 「利益を上げるための商品」が必要。

・継続的に新卒採用をしている企業は、約1万社。全体の0.5%。

・マーケティングが当たるまでは、少ない資金を宣伝広告に集中投資。

===

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/1246

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)