« コーチング&リーダーシップ開発研究会 | メイン | 「The Leadership Capital Index」読書会@立教大 »

「紙芝居」本

小学校の読み聞かせで、去年の秋ぐらいから
はまっている「紙芝居」。

IMG_6300.JPG

こんなに色々本が出てたんですね。

===

『紙芝居の演じ方 Q&A』

・2つの型:物語完結型と観客参加型

・「マイ紙芝居」を「マイ舞台」で。

IMG_6042.JPG

===

『演じてみよう つくってみよう 紙芝居』

・紙芝居は読むのではなく演じる。

・舞台の最大効果は、小さな額縁の中に、小さな
 世界が創り出されること。

・芝居をするのは、読み手ではなく、絵。

・「穴あき紙芝居」

===

『紙しばい だいすき』

・演じ手の自己顕示のために、紙芝居があるのではない

・大げさに演じるより、むしろ自然に心をこめて
 演じれば、充分その世界が観客に届くのが紙芝居。

===

『紙芝居 演じ方のコツと基礎理論のテキスト』

・演じ方の基本:声、間、ぬき

・ドラマツルギー(劇作法)として
 世阿弥の「序破急」を紙芝居に応用

・「左に抜かれる」ことを前提にした絵

・紙芝居が世に現れたのは、1930年。

・紙芝居は、子どもの心の展開のテンポに合っている

・「上からゆくな。下からゆくな。対等にいけ。」

・紙芝居演者の人格が端的に出ることを注意すべき。

・紙芝居は、誰かにしてもらわないと楽しめない。

・演じる人の声の中に、子ども達はその人のぬくもり
 を感じる。

・演者は上手下手じゃない。いかに話術があろうとも
 温かい心を失っている人はだめ。

・名古屋柳城短期大学の「紙芝居ネット」
 http://www.kamishibai.net/

===

『紙芝居を演じる』

・ゆっくりしたリズムは、子どもが本来もっている
 心や身体のリズムに合っている。

・紙芝居は、演じてはじめて完結するという特性を持つ

・終わり方を大切に(最初の画面に戻さない)

・世界に広がるKAMISHIBAI

===

『新・紙芝居全科〜小さな紙芝居の大きな世界』

・映像文化と活字文化の中間文化としての紙芝居

・街頭紙芝居は、子どもが世間の現実を知る
 「のぞき眼鏡」だった。

・成田山貞照寺は、お寺そのものが紙芝居。

・声色は不要。

・紙芝居文化の会
 http://www.geocities.jp/kamishibai/

===

『紙芝居 街角のメディア』

・アメリカは日本占領当初から紙芝居の存在に驚き
 それをKamishibaiと呼んでいた。

・街頭紙芝居は、受け手の反応が短時間に計測できる
 メディアであった。双方向性が鋭く行きかうメディア

・演じ手と観客が一体化しやすい双方向性、対面性の
 構造をもつメディア。

===

『紙芝居がやってきた!』

・路地裏の劇場+動く駄菓子屋=紙芝居

・ビンボーとお気楽が裏表になった紙芝居屋

・紙芝居の全体像

img176.jpg

・紙芝居は「人生のキズ」を垣間見せる。
 俗悪だから面白い。

===

『おすすめ紙芝居 400冊 こんなときはこの紙芝居を』

===

IMG_6049.JPG

○紙芝居、はまります。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/1265

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)