« 最近「i棚本屋(ひとたなほんや)」に追加した本(2017年11月) | メイン | マーケティング本(2017年11月) »

二宮尊徳(2)

子供達が通う小学校にある二宮金次郎の像。



『二宮尊徳の経営学』 童門(2013)

・「積小為大」 いまいる場所で、自分のできることを続けていく

・尊徳は、自分の経験を、他の人や地域のために理論化するのに
 役立つ書物を狙い撃ちした。

・譲るには、譲れるだけの余剰を自ら生まなければならない。

・決めつけではなく、「折り合う」へ。

===

『小説 二宮金次郎』 童門(2001)

・まず、学問が先にあって、それを土の世界に応用しようとしてきた。
 それは間違いだ。むしろ、土から学んで、それを文字にするのが、
 本当の学問ではないか。

・「治国の要道」 入るを量って、出ずるを制す。

・金には「徳」がある。その徳は、人の暮らしを豊かにする。

・金を貸すということは、余裕のあるものが、無いもの対して、
 差し出す、つまり推譲という行為なのだ。

・愛が想像力をかきたてる。

・私の分度は、死ぬまで土を耕すこと。

===

『二宮金次郎の幸福論』 中桐(2013)

・山頂(卵子)にたどり着けない何億個の精子たちは、
 蹴落とし闘ってきた敵ではなく、むしろたった一人を山頂に
 届けるために協力してきた仲間だったのでは。

・いつでもやりやすい小さな実践をおろそかにせず、
 大切にすることから始めなさい。

===

(参考: 二宮尊徳(1) http://learn-well.com/blogsekine/2012/07/post_365.html )

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/1120

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)