« 2019年07月 | メイン | 2019年12月 »

2019年10月09日

「EI情動知性×リーダーシップ研究会」@立教大を開催しました。

2019年10月9日(水)10時〜17時@立教大で、「EI情動知性×リーダーシップ研究会」を開催しました。

71930191_728661517605706_4552126392673763328_n.jpg

(内容 http://learn-well.com/blogsekine/2019/07/post_500.html/ )

全部で11本の英語文献を皆で読み合いました。

当日の様子を差しさわりないと思われる範囲で共有します。

(・文献要約 −意見交換)

IMG_3211.jpg

===

Emotional intelligence:implications for personal, Social, Academic, and Workplace Success(2011)

・イェール大学(P.Salovey)が、EI研究の中心地。
・EIの定義「自己と他者の感情及び情動を認識して区別し、
 思考や行動に活かす能力」(Salovey and Mayer 1990)
・知能を測るパフォーマンス評価 MSCEITを開発。
https://www.mhs.com/MHS-Talent?prodname=msceit

−感情の知覚、使用、理解は、他者が評価できない。
  感情の管理なら、行動面に出ているので、他者が評価できる。

===

Emotional Intelligence and its Relationship to Workplace
Performance Outcomes of Leadership Effectiveness(2005)

・EIが高いほど、リーダーシップの有効性(パフォーマンス、
 リーダーシップ行動の360度評価)が高くなる。
・MSCEITで、EI能力を測った。
・EIが高いエグゼクティブは、ビジネス成果を達成する可能性が
 高く、部下や直属のマネージャーによって、効果的なリーダーと
 見なされることを示唆。
・経営幹部レベルに到達するには、IQを必要とするが、いったん
 そこに達すると、IQではなく、EIがパフォーマンスを区別する。

−EI(個人)と、成果What(組織)を相関させるのは難しいのでは。
−EIとソフトスキルとの相関は高い。

===

Emotional Intelligence, Leadership Effectiveness, and Team Outcomes.(2003)

・リーダー、チームメンバーのEIが、チームプロセスや効果に
 どのように作用するのか、先行研究からモデル化する。
・高いストレスや重圧の中で働くことができるメンバーを、
 EIを測ることで採用できる可能性がある。

−別調査でも、EIが高い人ほど、社会的手抜きをやっていない
  という結果が出ている。
−学生のリーダーシップ行動では、他者への「配慮」が高い。
  その後、「率先垂範」が上がってくる。
−EIの高いチームメンバーは、政治的行動をとっていると見られる。
  自分がそう思ってしまった時は、自分のEIの低さを顧みる必要があるかも。
−EIの高さを、正の相関性のみだけで見ない方が良いのでは。
−年齢が上がるにつれて、EIが下がることは?(例:暴走老人)
−対話型鑑賞は、EIを上げる効果があるかも。
  (絵の中にある感情を読み取る)
−新規事業でネガティブな感情に向き合わざるを得ないこともある。
−組織レベルでの感情(新規事業に関する妬みややっかみ)もある
  「育成事業」「基盤事業」という言い方をしている企業もある。

===

Relation of employee and manager emotional intelligence to job satisfaction and performance(2005)

・高いEIの従業員は仕事への満足度が高い。
・高いEIの従業員は仕事のパフォーマンスも高い。
・上司が高いEIを持つ場合、高EIより、低EIの従業員の
 仕事の満足度に好影響がある。

−上司のEIの平均値が、部下のEIの平均値よりも低い。
  上司になると「自分はまだまだだなー」と思うのか。
−EIは一つにまとめずに、4つの因子でみれなかったのか。

IMG_3213.jpg

===

A 20‐year view of trying to develop emotional, social and cognitive intelligence competencies in graduate management education. Journal of management development.(2008)

・1980年代から、ケースウェスタンリザーブ大学でのMBAプログラム
 により、情動知性や認知に関するコンピテンシーが開発された。

===

Emotional intelligence in the workplace: A critical review(2004)

・職場におけるEIの有用性を認める多様な主張があるが、職業上の
 成功にEIが意味のある予想力があるとサポートする研究結果は、
 非常に脆弱である。

−EIは、どの仕事に向くか、向かないかを見るには役立つかも。
−EIが高くても、グローバル人材になれる訳ではない。
−ある職業に向かない人をはじき出すには、EIは有用では。
−どういうタレントを、どの局面で入れ込むかに、EIは役立つかも。
−戦う場面等で、EIが高いことによるデメリットもあるかも。

===

Emotional Intelligence and Transformational and Transactional Leadership: A Meta-Analysis(2010)

・62の研究のメタ分析
・EIと変革的リーダーシップとの中程度の関連を発見したが、
 それはEI支持者たちが予測するほどには強力でも説得的でもない

−EIが高いリーダーは、相手に合わせて条件付き報酬行動、
  交換型リーダーシップをとっているのかも。

===

Salovey, P., & Mayer, J. D. (1990). Emotional intelligence. Imagination, cognition and personality, 9(3), 185-211.

・「社会知性の一部であり、自身と他者の感覚と感情をmonitor
 (監視する)能力、であり、この能力と思考と行動を促す情報
  とを区別する能力(要するに感覚感情に揺るがされることなく
  考えて行動する力)」
・情動調節により、得られること:
  Positive side:自身、他者の気持ちをコントロールすることで
  よりよい状態を実現することができる
  Negative side:悪用することができる
  (感情をコントロールして人を動かす)
・情動知性では不足している点:学習方法が不明確
  どのように自身や他者の感情を認識できるようになるのか?


−今は、EIを学習できる方法が出始めている。
 (例:https://6seconds.co.jp/ )
−EIは、アメリカでの研究が中心?

===

Examining the relationship between leadership and emotional intelligence in senior level managers. (2002)

・EIの高いリーダーほど、変革型リーダーシップを発揮していることが実証された。
・EIの低い人は、効果的なリーダーになれる見込みが低い。
・もっとも影響力あるEIは「他者の感情理解」である。

−EIにおいては、定義と測定が問題。
−日本の学校教育では、自分の感情よりも、他者の感情に配慮する
  ことを強いられているのではないか。
−「自分の感情を尊重する」という教育は日本ではされてないのでは
−感情を表に出すと、うざいやつだと見られる

===

Managerial self-awareness in high-performing individuals in organizations. (1997)

・ハイパフォーマーなマネジャー(HP)は平均的なマネージャー(AV)と
 比較して自己認識(self-awareness)が著しく高かったことが示された

−EIとは関係ない論文だった(笑)−セルフモニタリングは、メタ認知かも。

===

McCleskey, J. (2014). Emotional intelligence and leadership: A review of the progress, controversy, and criticism. International Journal of Organizational Analysis, 22(1), 76-93.

(レジュメ「EIとリーダーシップ」を開く http://learn-well.com/blogsekine/191009%A1%A1%A5%EC%A5%B8%A5%E5%A5%E1%A1%D6EI%A4%C8%A5%EA%A1%BC%A5%C0%A1%BC%A5%B7%A5%C3%A5%D7%A1%D7.pdf"

参考:EIと組織パフォーマンスの関係があるとしたメタ分析
http://www.eitrainingcompany.com/wp-content/uploads/2012/12/EI-and-job-performance-meta-analysis.pdf

−従業員のEIデータを悪用される恐れ。
  従業員は、素直に回答しないのでは。
−1日の終わりに、自分の感情(楽しかった)をふり返ると、幸福度が高まる。
−感情を表現できるボキャブラリーが日本語には少ないのでは。

===

●ふり返り 「学んだこと・気づいたこと」 (抜粋)

・「心が動かされる時は、どんな時だろう?」
 それは言葉で表現しづらいが、意識していきたい。
・研究者として見ると、EIは難しい。
 定義と測定の問題が解消した後であれば踏み込める。
・個人として、感情は触れられたくない。ナイーブさがある。
 そこを「測定できる」と言われる違和感。
・実務家としては、「現場が回ればよい」というのがある。
 EIに現場を回すヒントはあった。
・大人になると、感情を押し殺すことを求められるかもしれないが、
 自分の感情に向き合い、それを表現することの大切さ。

===

お声掛け下さった中原先生、文献を選んで下さった田中先生、会場をご準備下さった加藤さん、進行役を務めて下さった舘野先生、斉藤先生、そして、ご参加下さった皆さん、ありがとうございました!

72292410_408904383158523_6899048272992665600_n.jpg

72054888_2461925313856219_4467388216932040704_n.jpg

間違い探し(笑)

===

当日体調不良で欠席された中原先生のブログ
http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/10811
 

2019年10月03日

2019年7月〜9月の活動

2019年10月2日(水)

お世話になっている皆さまにお送りした近況報告メールです。

DSC_7931.JPG

===

いつもお世話になっております。
ラーンウェル&ときがわカンパニーの関根です。

10月第一週、いかがお過ごしでしょうか?
私のほうはお陰さまで元気に頑張っております。

ここ、埼玉県ときがわ町は、晴れて気持ち良い天気です。

朝8時過ぎに、小学校で読み聞かせボランティアをしてきたのですが、
子供達の反応が可愛らしく、元気をもらいました。

https://twitter.com/masahiro_sekine/status/1179182989898473472

===

さて、本日は、以前からお世話になっている皆さまと、最近ご縁を頂き
名刺交換をさせて頂いた方々に、近況報告も兼ねてメールをお送りいたします。

今回も長文ですので、お時間のあるときにご高覧頂けましたら幸いです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(この近況報告メルマガは、同報メールシステムを使用しておりまして、
 企業の人事担当、大学の研究者、官公庁、自治体で知り合った方々に
 お送りしています。

 今後こういったメールは不要という方は、お手数をおかけしますが、
 下記で「解除」して頂けませんでしょうか?ご迷惑をおかけしてすみません)
   https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=learnwell

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
******************************************************************

前回の近況報告メール(7月5日)では、
2019年4月〜6月の活動についてお送りしました。

http://learn-well.com/blogsekine/2019/07/201946.html

お忙しい中、多くの方から御返信を頂きました。
どうもありがとうございました。

その時もお伝えしました「2019年度の目標」は以下の通りです。

******************************************************************

●2019年の目標設定

 1.「来る人」を増やす!
 2.TCとLWのシナジー(地域×育成)
 3.家族ケア

●2019年度の日数予定

(1)研修日@全国 80日(月6~7日)
(2)家族日&地域日@比企郡 237日(月~20日)
   (プール月10回=120回を含む)
(3)営業日@都会 24日(月2日)
(4)タネ日@都会 24日(月2日)

******************************************************************

【近況報告】

上記目標達成に向けて、第3四半期は、どんなことをしてきたのか、
2019年7月〜9月の活動について、ブログへのリンクを中心にご報告します。

******************************************************************
=================================

1.仕事:企業研修(Learn-well:LW)


「学び上手・教え上手」を企業内で増やす(株)ラーンウェルの活動。

●7〜9月の企業研修

7月〜9月は、各社様での
・OJT指導員研修、メンター研修、トレーナー研修
・社内講師養成研修
・新人フォロー研修
を、パートナー講師の方々と共にお手伝いしてきました。

(特に、ラーンフォレスト林さん、講師ビジョンの島村さんに、助けてもらいました。)

2008年から12年にわたり「指導員研修」をお手伝いしている会社様から
許可を頂き、直後アンケート結果をブログに掲載させて頂ける事になりました。

「OJT指導員研修」直後アンケート結果
http://www.learn-well.com/blogmanabi/2019/07/ojt_17.html

・新人が異性ということもあり、多少の不安を抱えていましたが、研修を受けて
 不安はほとんど無くなり、今では新人と一緒に仕事ができることに対して
 わくわくしています。ありがとうございました。

・1年間頑張ろう、という気持に変わりました。大変勉強になる研修でした。
 ありがとうございました。

参加者の皆さんにとって、今後に役立つ内容であったなら嬉しいです。


●サッカーをやってみて

長男(小4)がサッカーをやっているので、ときどき練習に付き合っています。

先日(9月1日)は、父ちゃん達だけでの練習試合があり、フルコート 
20分×2試合に、出させてもらいました。

その時に感じたことを「新人の気持ち」というブログに書いてみました。

新人の気持ち
http://www.learn-well.com/blogmanabi/2019/09/post_251.html

未知の環境に身を置くのは、やっぱり大切ですね。


=================================

2.仕事:地域活性(Tokigawa-company:TC)


「ときがわ町に人が集まり、仕事が生まれる」状態を目指す
 ときがわカンパニー(同)の活動。

●イイラーニング事業

YHD×比企起業塾「地域課題解決支援リーダーシップ研修」3回目を実施しました。
https://tokigawa-company.com/yhd-hiki-kigyo-juku-lsp-3rd_190710/

YHD×比企起業塾「地域課題解決支援リーダーシップ研修」4回目を実施しました。
https://tokigawa-company.com/yhd-hiki-kigyo-juku-lsp-4th_190910-11/

武蔵野大学 日本語コミュニケーション学科 島田ゼミ 3年生との研修
https://tokigawa-company.com/mu-shimada-semi_190817-18/

●イロイロ実験事業

1.ときがわ町に本屋を作ろう!プロジェクト

「読書会議×グラレコ(3)」を開催しました。
https://tokigawa-company.com/book-mtg-graphic-recording3-done_190722-2/

第4回「本屋ときがわ町」を開催しました!
https://tokigawa-company.com/book-town-tokigawa-4th-done_190721/

本屋ときがわ町@とき川の小物屋さんを開催しました。
https://tokigawa-company.com/btt-komonoyasan-done_190810/

第5回「本屋ときがわ町」を開催しました!
https://tokigawa-company.com/book-town-tokigawa-5th-done_190818/

「書籍商」になりました。
https://tokigawa-company.com/become-a-shoseki-shou_190904/

第6回「本屋ときがわ町」を開催しました!
https://tokigawa-company.com/book-town-tokigawa-6th-done_190915/

「本屋ときがわ町」の動画_190915
https://tokigawa-company.com/book-town-tokigawa-movie_190915/

2.ときがわカンパニー通信

ときがわカンパニー(同)通信「特別版 夏号」を発行しました!
https://tokigawa-company.com/tc-tsushin-special-summer2019/

ときがわカンパニー(同)通信 第14号 発行しました!
https://tokigawa-company.com/tc-tsushin-14th_190728/

ときがわカンパニー(同)通信 第15号 発行しました!
https://tokigawa-company.com/tc-tsushin-15th_190901/

ときがわカンパニー(同)通信 第16号 発行しました!
https://tokigawa-company.com/tc-tsushin-16th_190929/

●イイ気分で「飲み会議」

比企起業塾メンバーとの「BBQ会議」_190704
https://tokigawa-company.com/bbq-mtg_190704/

盆BAR@ニュー喫茶幻に参加しました。
https://tokigawa-company.com/bon-bar-maboroshi_190814/

RFAインターン学生との「飲み会議」@鳩山_190926
https://tokigawa-company.com/rfa-internship-hatoyama_190926/

●インキュベーション事業

カラオケ・コミュニティ@ときがわを作りたい。
https://tokigawa-company.com/komuro-san_190831/

鬼太鼓座(おんでこざ)の吉さん@東秩父村
https://tokigawa-company.com/ondekoza-yoshi-san_190806/

読書会議『地方創生大全』_190814
https://tokigawa-company.com/book-reading-chihousousei_190814/

ニュー喫茶幻@鳩山のモーニング_190912
https://tokigawa-company.com/morning-newkissa-maboroshi_190912/

「比企起業塾」第3期を開講します!
https://tokigawa-company.com/hikikigyojuku-3rd-season0/

●取材

読売新聞記者 平松さんの取材_190712
https://tokigawa-company.com/yomiuri-kisha-hiramatusan_190712/

読売新聞「地域力」に掲載頂きました。
https://tokigawa-company.com/yomiuri-shinbun_190912/

=================================

3.家族

●#親ばか記録(ツイッター)

次男が描いてくれた「ぶたお父さん」と「仮面ライダービルド」
https://twitter.com/masahiro_sekine/status/1147969201396563969

カブトムシの絵は、次男作。スズメバチの絵は、私作。
https://twitter.com/masahiro_sekine/status/1152695564594638848

「そーめんながし、しよーね!」
https://twitter.com/masahiro_sekine/status/1155400720444563457

次男(4歳)が描いた「おじさんおねえさん」
https://twitter.com/masahiro_sekine/status/1159209981939339264

「やまからでるたいよう」
https://twitter.com/masahiro_sekine/status/1175186634918129664
=================================

4.地域

●自宅兼事務所がある埼玉県比企郡ときがわ町の様子

とき玉クッキング(25)燻りツマミ
https://tokigawa-company.com/tokitama-cooking-iburi-tsumami_190706/

とき玉クッキング(26)ファミマ燻製
https://tokigawa-company.com/tokitama-famima-kunsei_190714/

ある日の関根家_190706
https://tokigawa-company.com/sekine-family_190706/

木のむらキャンプ場@ときがわ町に行ってきました。(2019年7月)
https://tokigawa-company.com/kinomura-camp_190724/

ある日の比企_190720
https://tokigawa-company.com/hiki-day_190720/

木のむらキャンプ場@ときがわ町に行ってきました。(2019年8月)
https://tokigawa-company.com/kinomura-camp_190806/

=================================

5.勉強

●「明日の飯」を作るための「タネ日」活動

「情動知性×リーダーシップ」研究会を企画(実施は、10月9日)
http://learn-well.com/blogsekine/2019/07/post_500.html

西野亮廣さん講演会in埼玉比企に参加してきました。
https://tokigawa-company.com/nishino-san_190920/

******************************************************************

【今後の予定】

◆企業研修

10月中旬ぐらいまでで、企業研修は一段落し、11月、12月は、
数日間の研修しか入っていません。

その分、東京に行っての「出張相談」を増やそうと思っています。

(実は、前回7月の出張相談のご案内をきっかけに、
 3社様にお邪魔させて頂くことが出来ました。

 うち1社様は、なんと15年ぐらい前の独立当初に、ご縁があった方でした。
 お声掛け頂き嬉しかったです。Kさん、ありがとうございました!)


◆出張相談のご案内

もし「人材育成」に関するお悩み、課題、事例を聞きたい等ありましたら、
ぜひ!ご相談下さい。

(すみません、人事制度や労務関係のお悩みには、対応できないため、
 その場合は、パートナーコンサルタントをご紹介します。)

私の専門分野は、
・新入社員に対する先輩社員(メンター、指導員)による指導育成
であり、学術的には「組織社会化」や「OJT」の文脈になります。

2010年〜2013年にかけては、東京大学大学院 中原研究室 修士で、
「新卒社員に対するOJT指導」に関する実証研究をさせて頂きました。

(修士論文は、中原先生のお陰で「人材開発研究大全」の第11章に、
 「OJTと社会化エージェント」として載せて頂きました。感謝です! )
http://www.utp.or.jp/book/b307456.html

これまで書籍として「オトナ相手の教え方」
「これだけはおさえておきたい仕事の教え方」等を上梓しています。
http://learn-well.com/lw/books.html

先輩社員に「教え方」を教える「メンター研修」や「指導員研修」で
お客様からは、ご評価を頂いております。

例)お客様アンケート 
http://www.learn-well.com/blogmanabi/2018/11/post_250.html
===

また、「メンター研修」や「指導員研修」といった集合研修の「ハコ」で
学ばれた内容を、いかに現場で実践してもらうかという「研修転移」を促す
お手伝いが得意です。

立教大学の中原先生、講師ビジョンの島村さん、ラーニングクリエイトの鈴木さんとは
「研修転移の促進」というテーマで、

・書籍『研修開発入門 「研修転移」の理論と実践』(ダイヤモンド社)を書かせて頂いたり
https://www.amazon.co.jp/dp/4478102988/ref=cm_sw_r_cp_ep_dp_tKonBb7ZWSYPD

・研修「研修開発ラボ」https://jinzai.diamond.ne.jp/lab/
   「慶応MCC:研修デザインの実践〜研修転移を高める工夫〜」
 https://www.keiomcc.com/program/lin19a/を担当させて頂いたりしています。

これまで、ヤマト運輸様、アズビル様、ニコン様、AGC様といった
企業様でのお手伝いを続けてきました。

(一番古いお付き合いですと、2006年から、それ以外は、2008年からが多いので、
 今年で12年ほど継続して下さっているお客様が多いです。)

実績
http://learn-well.com/lw/performance.html
===

「新入社員の育成」「先輩社員への“教え方”研修」「研修転移の促進」
 に関してでしたら、だいたいのお悩み相談には乗れると思います。

以下、概要です。もしご興味のある方は、このメールにご返信ください。
(日程調整は個別にさせてください。)

日程:2019年10月下旬〜12月中旬
所要時間:約60分
費用:無料
場所:ご訪問先の会議室等
対象:東京近辺の企業の人事、教育ご担当者
   (一般の方の「起業相談」は、ときがわカンパニーまでお願いします)
担当:関根(後進育成の為、パートナー講師を同席させる可能性もあります)

ご相談されたからといって、すぐに「研修を発注して下さい!」
みたいな営業はしませんので、ご安心ください。

(もちろん、研修ご依頼があり、日程や金額的条件等があえば、
 喜んで!お手伝いさせて頂きます(笑))

ご相談された内容に関しては、当然、守秘義務を遵守いたします。

(基本的に先着順で、私が受けられる範囲内となります。
 お申込み頂いても、お受け出来ない場合もありますので、ご了承ください。)

以上、ご興味のある方は、このメールにご返信ください。
どうぞよろしくお願いします。

===

◆地域活性

10月〜12月は、ときがわ町での「色々実験」も行っていこうと考えています。

「リセット研修@ときがわ町」トライアル版 開催のお知らせ
https://tokigawa-company.com/reset-training-trial_190901/

新企画「KJCD」をやってみます。
https://tokigawa-company.com/new-project-kjcd/

ご興味ある方は、ぜひ!お越しください。


また、「本屋ときがわ町」も継続して開催していきますので、
こちらは「出店」も検討頂けましたら幸いです。

実際に、一個人として物を「売る立場」に立ってみると、
色々見えてくることもあると思います。

10月20日(日)第7回「本屋ときがわ町」を開催します!
https://tokigawa-company.com/book-town-tokigawa-7th_191020/

今後の「本屋ときがわ町」開催予定
https://tokigawa-company.com/book-town-tokigawa-open-schedule/

===

次回は、12月下旬くらいに、また改めて
皆さん宛て近況報告メールをお送りできたらと考えています。

=================================

(今後こういったメールは不要という方は、お手数をおかけしますが、
 下記で「解除」して頂けませんでしょうか?ご迷惑をおかけしてすみません。)
   https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=learnwell

=================================

以上です。長文にお付き合い下さりありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

**********************************************************
株式会社ラーンウェル 代表取締役
ときがわカンパニー合同会社 代表  関根雅泰(せきねまさひろ)

〒355-0343 埼玉県比企郡ときがわ町大字五明1083-1
Tel:090-8113-7269  Fax:0493-65-5700 Mail:info@learn-well.com
Web:http://www.learn-well.com/ ラーンウェル(企業研修)
Web:http://tokigawa-company.com/ ときがわカンパニー(地域活性)
**********************************************************