« 『Return on Investment in Training and Performance Improvement Programs』_200702 | メイン | 「リモートワーク」関連文献_200708 »

慶應MCC ラーニングイノベーション論 2020年度 セッション5「研修デザインの実践:現場を支える研修転移・経営を動かす評価」に登壇させて頂きました。

ラーンウェル&ときがわカンパニー代表の関根です。

2020年7月3日(金)13時〜17時、慶應MCC ラーニングイノベーション論 2020年度 セッション5「研修デザインの実践:現場を支える研修転移・経営を動かす評価」に、パートナー講師の島村さん、鈴木さんと共に登壇させて頂きました。

今年で、4年目のお手伝いです。

IMG_7099.jpg

今回は、オンライン研修ということで、チーム企の栗原さん、Kazumaにも手伝ってもらい、島村さん、鈴木さんにも、東京から足を運んでもらい、ioffice@ときがわ町からお届けしました。

差しさわり無い範囲で、当日の様子をご紹介します。

===

9時50分、武蔵嵐山駅に、お二人を迎えに。
10時半〜11時40分、リハーサル。

IMG_7095.jpg

昼食は「こぶたのしっぽ」のパン。

12時30分〜、慶應MCC 事務局Hさん、Uさん、そして、立教大学 経営学部 教授の中原先生と打ち合わせ。

13時〜 研修スタート!

参加者から事前に頂いた「セッションへの期待」に応えられるよう、研修を進めていきます。

●セッションへの期待(抜粋)

1.経営
 ・L4まで求めてくる ・上が変わるごとに、方針も変わる ・見せ方、レポートの仕方
2.現場
 ・マネージャーの巻き込み ・巻き込みに対する現場の反発 ・転移しやすい仕事環境とは
3.研修
 ・自己効力感の高め方 ・スキルではなく、マインド系の場合 ・転移が起こるような研修設計の仕方

上記に関して、
 ・事例(アップデートされたもの) ・生々しいテクニック ・同期の実際の経験 が聞きたい、とのことでした。

===

鈴木さん進行のオープニングで「研修転移の阻害要因」を、Google Jamboardを使って、BORで意見交換してもらいます。

それらの阻害要因を踏まえて、島村さんが「転移を促す研修設計」鈴木さんが「転移を促す研修運営」のパートを担当します。

合間に、栗原さんの「整体セッション」で、参加者の身体と頭をほぐします。

IMG_7104.jpg

15時40分〜 私の担当パート「経営を動かす評価」に入っていきます。

事前動画をご覧頂いていますので、事例と意見交換を中心に

1.経営者の考え
2.ハコ(研修)の評価
3.現場実践度(転移)の評価

について、参加者の皆さんと考えていきます。

(事前動画:公開用は、こちらのページから)

===

まず、私から「転移・評価研究」の推移について、軽く紹介します。

1950年代 D.カークパトリックによる「4レベル評価モデル」の登場
1990年代 J.フィリップスが「ROIモデル」で「L4、L5」まで追う重要性を提示
2010年代 「L3(行動=現場実践=転移)」に力点を置く研究者、実務家の増加

%A5%B9%A5%E9%A5%A4%A5%C91mcc.JPG

今回のセッションでは「L3(転移)」に焦点を当てて説明していきます。

%A5%B9%A5%E9%A5%A4%A5%C92mcc.JPG

・研修直後アンケートで「L3(転移)」を予測する「L1(反応)」を訊く。
 (例:有用度、関連度、自己効力感)

%A5%B9%A5%E9%A5%A4%A5%C93mcc.JPG

%A5%B9%A5%E9%A5%A4%A5%C94mcc.JPG

・研修数か月後アンケートで「L3(転移)」の実践度を訊く。
 (例:「職場で活用しましたか?」)

%A5%B9%A5%E9%A5%A4%A5%C95mcc.JPG

%A5%B9%A5%E9%A5%A4%A5%C96mcc.JPG

%A5%B9%A5%E9%A5%A4%A5%C97mcc.JPG

その上で、

・現場で「L4(結果)」を出していて「研修を活用した人」に、インタビューをしてみては?
 
という提案をしました。

%A5%B9%A5%E9%A5%A4%A5%C98mcc.JPG

なぜなら、中原先生がいつもおっしゃるように「答えは現場にある」からです。

===

最後は、中原先生による「ラップアップ」です。

1.研修転移のコツ補足
 ・目的をおさえる(何をどう変えたいのか?伝えたい1メッセージは?)
 ・はくすうはく(Why are you here?)
 ・全てを一貫させ関連付ける
 ・Bestよりも、Better事例

2.研修評価のコツ補足
 ・研修が直接「儲け」に直結するなら、仕事しないで、毎日研修していればよい。
 ・研修は「儲けにつながる仕事」に間接的に良いインパクトを与えるものの「ひとつ」

 ・経営者は、厳密な実験計画に基づいて統計的有意な「効果」を出してほしいわけではない
 ・企業研修の教育評価に、ホームランは無い。ヒットを積み重ねて勝つ。証明ではなく説得。
  1)研修では「L3」を高める要因(自己効力感)を問う
  2)研修後、数問で良いので「現場実践度(L3)」を問う
  3)研修転移のリアルを、ストーリーで示す(SCM)数字と物語で説得する

===

17時半、終了後、皆で、玉川温泉に向かいます。
105683160_3089633391128573_5364443470809726972_n.jpg

ぬるっとする「美人の湯」に浸かった後、「里山グリル」で、美味しい熟成肉を頂きます。

IMG_7108.jpg

IMG_7110.jpg

IMG_7112.jpg

地元の若者 龍星も合流し、Kazumaと共に、大人達から色々助言をもらっていました。

===

遠方から、ときがわ町までご足労下さった講師の島村さん、鈴木さん、ありがとうございました。いつも貴重な機会を下さる中原先生、慶應MCCのHさん、Uさん、そして、ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。

===

●参考:中原先生のブログ記事「研修満足度を質問する「直後アンケート」が研修評価としては「プチ残念」になりつつある件:研修評価は「行動の変化」まで追うのであーる!?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/1442

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)