« 新書イロイロ_200925 | メイン | ビジネス書_200927 »

「複業・副業」本_200927

○「複業・副業」関連本。週末起業でお世話になった藤井さんの本も。

IMG_7800.jpg

===

『マルチプル・ワーカー 複業の時代』

山田英夫(2018)

・インターネットの普及によって、起業のコストは下がり、仕事の受注は、身体を移動させなくてもできるようになり、会社に在籍したまま、仕事を始めることも容易になった。

・現在の日本には、時給900円、9千円、9万円以上の仕事があると言える。
・代替可能性と報酬金額は、逆相関している。

・起業の前段階として、副業を行っていた人が、3割いた。

・スキルの向上を求めた潜在的副業希望者は、大手企業に多いことが分かった。

・多様性には、多様性でしか対応できない。

・ドラッカーが「明日を支配するもの」(1999)で「パラレル・キャリア」という考え方を提示した。

・グラットンらは、生涯に2〜3のキャリアを持つようにするマルチステージの人生を提示した。マルチの例の一つが、様々な仕事や活動を同時に行うポートフォリオワーカーえあり、これが副業、兼業に相当する。

・複業には、人材育成の機能もある。会社員のままでは、なかなか修羅場を味わえないから。

・複業により、収入を得るために支払った費用が、経費として認められる。

・新規事業の成功率は、28%(1995)

・伝統的日本企業において、突出を最も阻害してきたのは、同僚による妬み、やっかみである。

・複業は、現金流出のない人材確保政策とも位置付けられる。

・「滲みだし多角化」と同じようなシナジーを、起業した社員との関係を築ける。

・「縛り付ける」「囲い込む」という経営スタイルから「自立した社員が共通の目的で集う場」としての会社に変えていく必要がある。

・副業解禁は、いわば「放牧宣言」に近い。

・日本企業では「成果」よりも「頑張った代理指標であるプロセス」で評価していた。その最たるものが「勤務態度」や「勤務時間」であった。

・中途採用のような「外から中」への人材、ノウハウの流入は良くても「中から外」への人材の提供は禁止という考え方は、あまりにも自己中心的である。

・副業の問題が難しいのは、副業の経験のない経営陣が、副業解禁の意思決定を下さなくてはならないことにある。

===

『インディペンデントな働き方』

藤井孝一(2018)

・国を挙げて副業をすすめる。実はこれは「これから先、〜今までのように国が生活を保障することは難しくなりますよ。自分の力で収入源を見つけておいてくださいね」というメッセージ。

・企業が副業を認めるということは「いつ首にしても文句をいうな」ということでもある。

・AIの当面の役割は「人間がやりたくないことをやる」という範囲にとどまる。

・「何をやっていいのか分からない」という状態は、「意思」という人間を人間たらしめている部分が欠落。

・起業で成功した人たちに共通することは「自分の好きなことを誰かに話し、アウトプットし続けた」ということ。

・稼ぎのネタ:
 1)好きなこと 2)得意なこと 3)必要とされていること
・好きなことファースト!

・受講者のほとんどは、週末起業を始めない。

・投資は「使った額以上のものを回収する経済活動」
 消費は「使ったら、使いっぱなしの経済活動」

・「自分棚卸シート」
・仕事に関しては「1か所ずらしてみる」のも起業のヒントになる。

○始めるのは簡単。続けるのが大変。

・本には先人の「知」が詰まっている。読めば読むほど、自分の血肉となる。
・立場が上になるほと「人から教えてもらう機会」が減る。(だから本から学ぶ)
・読書の量を増やすと、世の中の原理原則・パターンが見えてくる。

・朝いちばんで思いっきりアクセルを踏む。これがモチベーションとパフォーマンスを高めるポイント。

・生産的な活動を送るために最も必要なのは健康。

・ドリームキラーからは「距離を置く」

・起業家として独り立ちするために必要なのは「背水の陣」を敷くこと。
・週末起業としては上手くいっていたのに、サラリーマンを辞めて起業したとたんに失敗してしまう人の特徴、その最たるものは「天狗になってしまう」こと。

○独立当初(2005年ごろ)週末起業フォーラムでお世話になっていたころ、藤井さんに、「上手くいっている起業家の共通点は?」と訊いたら「請求書を早く出してくる」と即答されました。その時は「え!?」と思ったけど、今なら「まさにそう!」と思います。

===

『会社を辞めずに、朝晩30分からはじめる起業』

新井一(2017)

・副業、起業が会社にばれる原因は「自慢話(身から出たさび)」。

・4つの切り口:
 1)知識の提供(ノウハウ系)
 2)ハコ・機会の提供(スペース・チャンス系)
 3)モノの提供(プロダクト系)
 4)技術の提供(スキル・サービス系)

・100の階段に分ける 無料公開は、1~20段目まで。

・商品構成
 1)低額フロントエンド
 2)高額バックエンド
 3)サイドメニュー的(クロスセル・アップセル)
 4)ストック型

・「雑所得」「事業所得」を得る副業をして、確定申告を行い、住民税を「普通徴収」で納税すれば、会社にはバレない。

===

『サラリーマンを副業にしよう』

俣野成敏(2020)

・働き方改革の本質とは、自己責任の推進。

・巷で見かける3つの副業 アルバイト、ギグワーク、情報商材を使った副業は、上手くいっても、短期間しか稼げない。

・E+S→I(+B) ハイブリッド・クラドラント

img138%20%282%29.jpg

・個人事業主としての副業にお勧めなのは、SupporterとSales。

○Specialist から、Supporterとしての事例に、長谷川満さんが載ってる!

・メルマガ、ブログが、著者のマーケティング戦略の根拠。

・あなたの顧客になるべき人とは「あなたの話を聞いてくれる人」のこと。
・マーケティング活動の目的は「あなたの話を聞いてくれる人」を増やすこと。

・A:課題・恐怖 → C:商品・サービス → B:解決・欲

・コンセプトを決め、ペルソナに向かって、ひたすら語り掛ける。

・個人事業主になった際に、作成しておくべきもの:名刺、請求書、メニュー表
・できるビジネスパーソンは、お金の受け取り方も上手。

・副業の地雷:情報漏洩、顧客を奪う、勤務に身が入らなくなる

・利益が半分になってもいいから、売上を2倍にできないか。

・フィードバックの有効なルートは2つのみ
 1)既にそれを達成した経験者からのもの
 2)顧客や見込み客からのもの

・個人事業主の勝ちパターンは、自分の専門分野に特化すること。

===

『身の丈に合ったシゴトづくりで、人生を切り拓く方法』

三宅哲之(2019)

・大事なことは「ずっとシゴトが続いている」こと。そのためには、お金と気持ちがまわっている状態を作る必要がある。

・身の丈シゴトづくりの5つのステップ
 1)起業家脳&同じ志の仲間づくり
 2)自分軸
 3)専門分野
 4)ビジネスプラン
 5)情報発信&テスト

・天職塾の定例会では「参加して、約束して、やりきる」この繰り返しだった。

・数は少なくても濃い関係をつくり、それを長く続けていく。新規のお客様を獲得するのではなく、リピーターで回していくようなビジネスモデルにしていきたい。

・ネットを作った集客の王道ノウハウ:
 ホームページで集め、メルマガで関係性をつくる。

・起業家とは、ある分野で専門家になること。「狭くて深いところ」を狙う。

・成功とは「ずっと続くシゴトをしている」こと。

・シゴトをするには「時間を守る」「約束を守る」といった基本が大事。

・考えつくして動く。答えはお客さまが持っている。

・塾は、自分で考えて、答えを出すトレーニングをするところ。

○三宅さんの2拠点生活の一つは、ときがわ町。こういう方が選んで住んでくれているのは、本当にありがたいこと。

https://faincu.net/working-base-kokko/

===

『好きとネットを接続すると、あなたにお金が降ってくる』

立花岳志(2018)

・おススメは、MacBook系のノートPCと、iphone。

・ストック型メディアであるブログを中核にして情報発信をする。
・ブログは、1記事単位で、独立したURLを持ち、検索対象となる。

・「好き」を「得意」に磨き、「強み」に尖らせる。
・情報発信は「質より、量より、更新頻度!」

・誠実であること、本当のことを書くこと。
・隠すべき所は隠し、見せるべき所は、しっかり露出させていく。

・どうやって自分が受け取るお金を増やすか。
・「お金は使えばなくなってしまうもの」という価値観を離れ「お金は正しく使えばもっと増えて入ってくるもの」という価値観を身に着ける。

・自分の価値があがると、懐が深くなるので、お財布が大きくなり、流れから入ってくるお金も、ためることができるお金も、解き放つお金の規模も大きくできる。これを繰り返して、どんどん人としての器量、度量を大きくしていくことが、豊かにかつ幸せに、更に人に感謝されながら、お金を作っていくための絶対法則。

・「あながた支払うと、誰かが潤う」という循環。
・究極のお金の使い方「神社ミッション」
・お金を感謝と共に、先出しする。

===

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/1460

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)