メイン

2008年06月13日

ASTD2008参加報告

カリフォルニア州 サンディエゴで、08年6月1日〜4日まで開催された

ASTD(American Society for Training and Development アメリカ人材開発協会)

国際会議に参加してきました。


その様子を、一参加者の視点でご報告します。

ASTD2008へ、今年も家族同伴で行ってきます!


08年5月30日(金)午前8時すぎ

男衾駅を出発。成田への直通バスがある坂戸駅へ向かう。

続きを読む "ASTD2008へ、今年も家族同伴で行ってきます!" »

サンディエゴでの一日(ASTD前日)

08年5月31日(土)


夜中何度も目が覚めたが、明け方はぐっすり眠った。

続きを読む "サンディエゴでの一日(ASTD前日)" »

加速学習テクニックの向上

Rev Up Your Accelerated Learning Techniques

 加速学習テクニックの向上

June 1st, 2008 12:00-13:15 by A. Cottin


(・はセッション内で印象に残った内容 ○は関根の独り言)


○ベネズエラのトレーニング会社 PCO's International によるセッション。

○知らない人10名と知り合うところから始まる。その中でパートナーを作る。

(いきなりはきつかった)

続きを読む "加速学習テクニックの向上" »

パワーシップ:フォロワーシップの新しい形


Powership: A New Approach to Followership through TOP Model

 パワーシップ:フォロワーシップの新しい形

June 1, 2008 15:30-16:45 by Ho Suk, Lee 他 Samsung Everland


(・はセッション内で印象に残った内容 ○は関根の独り言)


○韓国サムスンのグループ会社によるセッションです。

続きを読む "パワーシップ:フォロワーシップの新しい形" »

「ティッピング・ポイント」M.グラッドウェル氏の講演

6月2日(月)午前8時 General Session が始まる。


まずは、ASTDプレジデント Tony Bingham氏の挨拶。

若々しくエネルギッシュな雰囲気の人だ。

続きを読む "「ティッピング・ポイント」M.グラッドウェル氏の講演" »

講師が陥りがちなワナ


Crash and Learn: Eliminating the Mistakes that Kill Participants and Motivation!

 講師が陥りがちなワナ

June 2, 2008 12:30-13:45 Mr. Jim Smith Jr.(Showcase Speaker)

(・はセッション内で印象に残った内容 ○は関根の独り言)

○楽しいセミナーをすると評判の黒人講師 J.Smith氏のセッションです。

○数百名入る会場が満員で、立ち見も出ていました。

続きを読む "講師が陥りがちなワナ" »

パフォーマンス・コンサルティング2.0:何が同じで何が変わったのか?


Performance Consulting 2.0:

What's the Same and What's Different?

 パフォーマンスコンサルティング2.0:何が同じで何が変わったのか?
 
June 2, 2008 14:15-15:30 Ms.Dana G. Robinson

(・はセッション内で印象に残った内容 ○は関根の独り言)

○「パフォーマンス・コンサルティング」で著名なDana Robinson女史の講演。

○ヒューマンバリュー社さんから出ている「パフォーマンス・コンサルティング」
 を何度も読んでいたので、是非聞きたい講演でした。

続きを読む "パフォーマンス・コンサルティング2.0:何が同じで何が変わったのか?" »

J.フィリップス教授:研修プログラムの直接的効果を示すために

Show the Impact of Learning and Development:

Techniques to Isolate the Effects of Programs

 研修プログラムの直接的効果を示すために


June 2, 2008 16:00-17:30  Jack Phillips, Ph.D.


(・はセッション内で印象に残った内容 ○は関根の独り言)

○ROIまで含む研修効果測定で有名な J.Phillips教授の講演。

○60代ぐらい? 想像していたより若々しかったです。

続きを読む "J.フィリップス教授:研修プログラムの直接的効果を示すために" »

「あなたのチームは機能してますか?」P.レンシオーニ氏の基調講演

6月3日(火)午前8時

2日目の基調講演が始まる。

午前7時半、寝ている娘たちと妻を起こさないようにして出発。

続きを読む "「あなたのチームは機能してますか?」P.レンシオーニ氏の基調講演" »

大事なのは研修ではない:研修の成果を得るために

The Training's NOT the Thing: Getting Business Results From Training

 大事なのは研修ではない:研修の成果を得るために

June 3,2008 10:00-11:15 Ms.Debbe Ball(Holcim,Inc) and
MS.Carolyn Laughlin(Advantage Performance Group)

(・はセッション内で印象に残った内容 ○は関根の独り言)


○席につくと、スピーカー(Carolynさん)が近づいてきて歓待してくれました。

 こういう風にされるのは、やはり参加者にとって気持ちがよいです。
 自分が尊重され歓迎されている気になります。

 昨日、Jim Smith氏の講演で言っていた通りです。(実践しよう!)

続きを読む "大事なのは研修ではない:研修の成果を得るために" »

狂気の世界で学ぶ:参加者の関心をつかむには?

 Learning in a Frenzied World: Strategies for Grabbing Learners' Attetion

  狂気の世界で学ぶ:参加者の関心をつかむには?

June 3, 2008 13:45-15:00 Mr. Lenn Millbower & Mr. Howard Prager


(・はセッション内で印象に残った内容 ○は関根の独り言)


○去年(07年)も参加した L.Millbower氏のセッションです。

 この方のセッションのおかげで、私は自分の研修をより

 「カラフル」なものにしようと、ゲームや音楽を取り入れています。

続きを読む "狂気の世界で学ぶ:参加者の関心をつかむには?" »

世代間ギャップを埋めるリーダーシップ開発:落とし穴と実践法


Designing Leadership Development to Bridge the Generational Gap:

Pitfalls and Practical Lessons

 世代間ギャップを埋めるリーダーシップ開発:落とし穴と実践法

 June 3, 2008 16:00-17:30 Ms. Geri Lopker


(・はセッション内で印象に残った内容 ○は関根の独り言)


○部屋に入ると、カード型の小さな機械を手渡されました。

 Turning Technologies社の「Audience Response System」

 ボタンで投票でき、パワーポイントの画面上ですぐ結果がでます。

 (例:今回のクラスの参加者は、どの世代が多いのか?
    数字を選んでボタンを押すと、その結果が画面にでる)


続きを読む "世代間ギャップを埋めるリーダーシップ開発:落とし穴と実践法" »

囚人から積極的参加者へ:抵抗する参加者を変化させるには

Captive to Interactive: Transforming Resistant Learners

  囚人から積極的参加者へ:抵抗する参加者を変化させるには


June 4, 2008 8:00-9:15 Ms Laura Arellano and Mr Marc Levine


(・はセッション内で印象に残った内容 ○は関根の独り言)

○最終日、朝8時からのセッションでしたが、参加者は多かったです。

続きを読む "囚人から積極的参加者へ:抵抗する参加者を変化させるには" »

教室での研修は「蒸発」する

The Evaporation of Classroom Training

 教室での研修は「蒸発」する

June 4, 2008 10:30-11:45 Dr Allison Rossett


(・はセッション内で印象に残った内容 ○は関根の独り言)


○教室に集まって行う集合研修は「蒸発」するという興味深いテーマです。

続きを読む "教室での研修は「蒸発」する" »

職場にいる「4つの世代」を理解しマネジメントする

Understanding and Managing the Four Generations in Today's Workplace

職場にいる「4つの世代」を理解しマネジメントする

June 4, 2008 13:15-14:45 Mr. Tony Cocove

○「4つの世代」をマネジメントするというテーマです。

続きを読む "職場にいる「4つの世代」を理解しマネジメントする" »

東京大学の中原先生とバッタリ・・・

ASTD2008 最後の基調講演に行こうと移動していたら、

なんとなく見覚えのある人があるいていました。


背がすらっと高いアジア系の男性です。


(もしかして・・・)


と思って近づいてみると、


東京大学の中原淳先生でした。

「あ、関根さん、どうも」


続きを読む "東京大学の中原先生とバッタリ・・・" »

新人を指導するOJT担当は、一人で指導していない

ASTD2008でお会いした際に

東京大学の中原先生がおっしゃっていた


「OJTは、“関係”(上司と部下)でとらえられがちだが、

 “環境”(職場で育成を見守っていく)が大事。」

続きを読む "新人を指導するOJT担当は、一人で指導していない" »

ASTD2008に参加して

ASTDへの参加は、去年に続いて2回目です。

参加して感じたことを列挙します。

続きを読む "ASTD2008に参加して" »

ASTD2008に参加された他の方のブログ

ASTD2008に参加された他の日本人の方から見た様子は、

下記ブログからどうぞ。

続きを読む "ASTD2008に参加された他の方のブログ" »

ASTD2009も参加します!

来年のASTDは、ワシントンDCで開催されます。

私は行く予定です。


来年は長女が小学校に入るので、おそらく家族は連れて行けないと思います。

(妻は残念がっていますが)


その分、休みを上手く合わせて、別の場所に連れて行ってあげようと考えています。

続きを読む "ASTD2009も参加します!" »