メイン

2017年01月25日

2016年秋 東大授業「経営組織論」(12)組織エスノグラフィー

2017年1月25日(水)13時〜14時45分@東大

中原先生の授業「経営組織論」(12)組織エスノグラフィー に参加。

続きを読む "2016年秋 東大授業「経営組織論」(12)組織エスノグラフィー" »

2017年01月19日

2016年秋 東大授業「経営組織論」(11)起業家

2017年1月18日(水)13時〜14時45分@東大

中原先生の授業「経営組織論」(11)起業家 に参加。

今回は、私がレジュメ担当なので、かなり気合が入ってます。


続きを読む "2016年秋 東大授業「経営組織論」(11)起業家" »

2017年01月11日

2016年秋 東大授業「経営組織論」(10)異文化理解とリーダーシップ 

2017年1月11日(水)13時〜14時45分@東大

中原先生の授業「経営組織論」(10)異文化理解とリーダーシップ に参加。

続きを読む "2016年秋 東大授業「経営組織論」(10)異文化理解とリーダーシップ " »

2016年12月22日

2016年秋 東大授業「経営組織論」(9)理念経営

2016年12月21日(水)13時〜14時45分@東大

中原先生の授業「経営組織論」(9)理念経営 に参加。

今回は『経営理念の浸透』著者の首都大学東京の高尾先生も特別ゲストとして参加されます。

続きを読む "2016年秋 東大授業「経営組織論」(9)理念経営" »

2016年12月14日

2016年秋 東大授業「経営組織論」(8)管理職育成

2016年12月14日(水)13時〜14時45分@東大

中原先生の授業「経営組織論」(8)管理職育成 に参加。

続きを読む "2016年秋 東大授業「経営組織論」(8)管理職育成" »

2016年12月07日

2016年秋 東大授業「経営組織論」(7)管理職育成

2016年12月7日(水)13時〜14時45分@東大

中原先生の授業「経営組織論」(7)管理職育成 に参加。

続きを読む "2016年秋 東大授業「経営組織論」(7)管理職育成" »

2016年11月30日

2016年秋 東大授業「経営組織論」(6)職場・仕事

2016年11月30日(水)13時〜14時45分

東大授業「経営組織論」(6)職場・仕事 に参加。

続きを読む "2016年秋 東大授業「経営組織論」(6)職場・仕事" »

2016年11月10日

2016年秋 東大授業「経営組織論」(5)社会化と職場学習

2016年11月9日(水)13時〜14時45分

東大授業「経営組織論」(5)社会化と職場学習 に参加。

続きを読む "2016年秋 東大授業「経営組織論」(5)社会化と職場学習" »

2016年11月02日

2016年秋 東大授業「経営組織論」(4)採用

2016年11月2日(水)13時〜14時45分

東大授業「経営組織論」(4)採用 に参加。

続きを読む "2016年秋 東大授業「経営組織論」(4)採用" »

2016年10月26日

2016年秋 東大授業「経営組織論」(1)(2)(3)人材マネジメントの基礎

2016年 秋学期の東大大学院授業「経営組織論(Organizational Management)」を
受講させて頂けることになりました。

http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/6919

(中原先生、ありがとうございます!)

その分、2冊のレジュメを担当します。

===

第1回目から3回目までは「人材マネジメントの基礎」
ということで、

(1)『人材を活かす企業』
(2)『隠れた人材価値』
(3)『新・日本の経営』 を読みます。

IMG_7285.JPG

事前に読んだ本の抜粋と、私自身の意見、そして授業での議論を
さし障りのない範囲で共有します。

(・本の抜粋 ○関根の独り言 -授業での意見)

続きを読む "2016年秋 東大授業「経営組織論」(1)(2)(3)人材マネジメントの基礎" »

2015年07月16日

東大「経営学習論」HRDの巻

(一度アップした文章が、ドメイン移行の関係で、消えてしまい
 書き直しています。ヒエーって感じです。)


2015年6月3日〜7月15日

レジュメを1つ担当することを条件に、中原先生の授業「経営学習論」
に参加させて頂きました。

http://www.nakahara-lab.net/blog/2015/04/90105.html

Swanson and Holton(2009)

Foundations of Human resource development. Barlett-Koehler.


続きを読む "東大「経営学習論」HRDの巻" »

2015年01月23日

東大MOOC「Interactive Teaching」第8週

いよいよ最終週です。

続きを読む "東大MOOC「Interactive Teaching」第8週" »

2015年01月13日

東大MOOC「Interactive Teaching」第7週

年明け、第7週。

あと2週なので、最後までやりきります。

続きを読む "東大MOOC「Interactive Teaching」第7週" »

2014年12月28日

東大MOOC「Interactive Teaching」第6週

年末の土日、家で受講。
1週間に一度の学習が癖づく感じでいいですね。

続きを読む "東大MOOC「Interactive Teaching」第6週" »

2014年12月20日

東大MOOC「Interactive Teaching」第5週

今週は出張先のホテルと自宅で受講しました。

今回のMOOCは、定期的に学べる良い機会となっています。
この動画配信が終わると、ちょっと寂しくなるかもしれません。

続きを読む "東大MOOC「Interactive Teaching」第5週" »

2014年12月15日

東大MOOC「Interactive Teaching」第4週

今回は月曜日の午前中に自宅で受講しました。

続きを読む "東大MOOC「Interactive Teaching」第4週" »

2014年12月07日

東大MOOC「Interactive Teaching」第3週

今回は、金曜日の夜、日曜日の朝と、自宅で受講しました。

動画はやはり重いので、外出先より自宅での受講のほうが
ストレスが少なくいいですね。

続きを読む "東大MOOC「Interactive Teaching」第3週" »

2014年11月30日

東大MOOC「Interactive Teaching」第2週

東大MOOC「Interactive Teaching」
Week2 アクティブ・ラーニングの技法

---

今回も出張先のホテルで、受講することになりました。

10分ひとまとまりの動画だと見やすいですね。

続きを読む "東大MOOC「Interactive Teaching」第2週" »

2014年11月23日

東大MOOC「Interactive Teaching」第1週

2014年11月19日(水)

東大MOOC「Interactive Teaching」第1週分がスタートしました。

http://www.nakahara-lab.net/blog/2014/11/5000.html

自宅と出張先のホテルで受講しました。

印象に残った点を中心に、ブログにまとめてみます。
(課題テストに関する部分には触れずに)

続きを読む "東大MOOC「Interactive Teaching」第1週" »

2014年07月27日

2014年夏学期 「経営学習論」

2014年夏学期、東大中原先生の授業「経営学習論」に
時折参加させて頂きました。

(文献選びにご協力したこともあり、無理を聞いて頂きました。
 先生、どうもありがとうございます。)

 http://www.nakahara-lab.net/blog/2014/04/2014_ojt.html


読んだ文献と、差しさわりのない範囲で、
クラス内でどんな話が出たかを共有します。

続きを読む "2014年夏学期 「経営学習論」" »

2012年12月13日

2012年冬学期 授業「日本文化論」

大学院最後の学期、授業「日本文化論」を受けています。

普段の仕事や研究の喧騒を離れ、時がゆっくりと流れているような授業で、
私はとても好きです。

さし障りのない範囲で、授業内容をシェアします。

続きを読む "2012年冬学期 授業「日本文化論」" »

2012年09月10日

青学 集中講義「海外勤務研究」

2012年9月9日(日)午前9時〜午後4時

中原先生の青学での集中講義「海外勤務研究」に参加しました。

論文メモと授業の様子を、さし障りのない範囲で共有します。

続きを読む "青学 集中講義「海外勤務研究」" »

2012年09月02日

青学 集中講義「組織社会化論」


2012年9月2日(日)13時30分〜15時30分

青山学院大学大学院で開催された中原先生の集中講義
「組織行動論」に参加してきました。

http://www.nakahara-lab.net/blog/2012/06/post_1859.html

私は「組織社会化論」の下記文献を担当し、発表しました。

続きを読む "青学 集中講義「組織社会化論」" »

2012年07月31日

2012年夏「経営学習論」(5)越境学習

授業の最後は、組織の境界を越える「越境学習」がテーマです。

続きを読む "2012年夏「経営学習論」(5)越境学習" »

2012年06月20日

2012年夏「経営学習論」(4)海外赴任

海外勤務に関する文献です。これから熱くなってきそうなテーマです。

続きを読む "2012年夏「経営学習論」(4)海外赴任" »

2012年06月15日

2012年夏「経営学習論」(3)職場学習

ここ2週間は「職場学習」に関する文献でした。 面白いです。

続きを読む "2012年夏「経営学習論」(3)職場学習" »

2012年05月30日

2012年夏「経営学習論」(2)経験学習

●2012年5月23日(水)14時50分〜16時20分

 Kolb, A. Y. & Kolb, D. A.(2009) Experiential learning theory : A Dinamic holistic approach to management learning, education and development. Armstrong, S. J. & Fukami, C. V.(eds) The SAGE handbook of management learning, education and development pp42-68 SAGE.

===

・「経験」は、ニュートラルなイメージで語られている

 個体 ⇔ 環境(ヒト、ツール)フィードバックが返ってくる

 Interactionist J.Dewey J.Piaget

・Dewey 相互作用、連続性の原理

 生活⇔学習 日常と学校のかい離(記号の丸暗記となっている)

 実験学習

・D.Kolbは、Deweyの考え方をビジネスの世界に分かりやすく伝えた

 ビジネスの世界では、経験=苦難(受苦)と捉えている
  タフなことから学べ

・Kolbの貢献は、単純な循環モデルとして表現した点

・経験→内省(Watch)→概念化→試行

 Deweyは内省を、Reflective thinking(反省的思考)と呼んだ。
  同じことだけど。

・80年代 経験学習がブームになった

 Kolbは「スタイル論(学習方略論)」をやりたかった
  経験からの学び方が人それぞれ違う。
 
 LSIはあてにならないという批判も多い。

・90年代 資質論 経験から学べる個人の資質があるのでは。
  挑戦性、達成動機、柔軟性等。

  スプライザー、楠見、松尾等の研究。

・これらはいわば「個」分析単位(Unit of Analysis)がIndividual

・2000年代 実施亜は社会的関係に経験学習は影響されているのでは

  Group(集団)Organization(組織)レベル

・ELTに対する批判:社会的関係を考慮していない

・議論は、A or B

 対話は、Aの意味、Bの意味を率直に話すことで、A' B'に変わる。
  
・対話 経験→内省 他者に語ることで、内省が駆動する

・「組織学習」1960〜1970年代 

  知識創造→共有→制度化→棄却

 アメリカはJob descriptionで動いているので、引き継ぎがない。

 組織学習は、日本では当たり前なので、流行らない。

・ELTは、PDCAと一緒。新鮮味がない。

・なんでもELTにあてはめようとする。ビジネスより。
  Kolbは理論家ではない。

・1970年代 Management Education:ビジネススクール、T&D研修

  カリキュラムの体系化、知識の付与重視

・その後、Management Development 知識ではなく経験で開発される

・その後、Management Learning

・教育の振り子 知識⇔経験 背後にある政治性を見るべき

===

●5月30日(水)は、仕事の関係で欠席。

 McCall, M.(1988)Developing executives through work experience. Human resource planning. Vol.11 No.1 pp39-49

 1980年代 Experience(Hardship on business)
      Strategy alignment(戦略との同期性)
      Reflection

===

2012年04月25日

2012年夏「経営学習論」(1)組織社会化

2012年夏学期は、中原先生の「経営学習論」の授業をとっています。

http://www.nakahara-lab.net/blog/2012/03/post_1842.html

さし障りのない範囲で、授業の内容をシェアします。


●2012年4月25日(水)14時50分〜16時20分

第一回目は、私が文献発表担当でしたので、
あとに続く人のハードルを上げるために、迷惑なくらい気合をいれました。

Ashforth, B. E., Sluss, D. M. and Harrison, S. H.(2007)
 Socialization in organizational context.


レジュメはこちら ↓

PPT資料を見る

詳細資料を見る

続きを読む "2012年夏「経営学習論」(1)組織社会化" »

2012年03月07日

社会科学研究所セミナー「回帰で斬る!」に参加しました。

2012年3月5日(月)〜6日(火)10時〜17時 社会科学研究所@東大

「回帰で斬る!」セミナーに参加しました。

昨年は、同じく社研主催の「二次分析入門」「二次分析道場」に参加しました。
http://learn-well.com/blogsekine/2011/03/

今年も、楽しく学ぶことができました。

あくまで私の理解の範囲で、学んだことを記録に残しておきます。
(間違って理解している点があれば、ご教示ください)

続きを読む "社会科学研究所セミナー「回帰で斬る!」に参加しました。" »

2012年02月20日

フィールドノーツ研究会(勝手にウメサオタダオ研)

2012年2月20日(月)@東大 福武ホール スタジオ1〜3

フィールドノーツ研究会(勝手にウメサオタダオ研)が開催されました。

続きを読む "フィールドノーツ研究会(勝手にウメサオタダオ研)" »

ウメサオタダオ本(2)

2012年2月20日(月)「勝手にウメサオタダオ研」に向けて、
梅棹忠夫先生の本を読んでいます。

印象に残った箇所を記録しておきます。

続きを読む "ウメサオタダオ本(2)" »

2012年01月08日

ウメサオタダオ本(1)

「勝手にウメサオタダオ研」に向けて、梅棹忠夫先生の本を読んでいます。

印象に残った箇所を記録しておきます。(・引用 〜省略 ○関根の独り言)

続きを読む "ウメサオタダオ本(1)" »

2011年12月23日

2011年冬学期「教育調査の計量分析」

2011年冬学期(火曜日)は「教育調査の計量分析」という授業を受けています。

かなり手ごわい授業です。

毎回、授業最初に小テストがあり、数学問題も多く、正直ついていけてません。

が、「大事なところだけ押さえられればいいや」と開き直り参加しています。

お陰で、今まで訳が分からなかった統計の一部が
ほんの少しだけ見えてきた気がします。

続きを読む "2011年冬学期「教育調査の計量分析」" »

2011年冬学期「歴史情報論」

2011年冬学期は本郷和人先生の「歴史情報論」という授業を取っています。

昨年の学際情報学概論IIで「天皇とメディア」というテーマで、
本郷先生のグループになりました。

 http://learn-well.com/blogsekine/2010/06/ii.html

面白い先生だったので、いつか授業を取ってみたいなと思っていました。

 *本郷和人先生 http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/professor.php?id=439

  (来年の大河ドラマ「平清盛」の時代考証をされています)

期待にたがわず面白い授業です!

続きを読む "2011年冬学期「歴史情報論」" »

2011年冬学期「文化・人間情報学基礎III」


2011年冬学期は、「文化・人間情報学基礎III」(東大大学院学際情報学府)
という授業を受けています。

卒業の為の必須授業なのですが「読む文献と発表が多くて大変」という
噂を聞いていて、履修を躊躇していた授業でした。

多くの院生さん達は、修士1年でこの授業をとるのですが、
私は長期履修で3年間通う予定だったのと、大学院と仕事という二重生活のめどが
ついてからにしようということで、修士2年で取ることにしました。

この授業はとって良かったです!

担当教員は、「メディア論」の水越伸先生と
「学習環境デザイン論」の山内祐平先生です。

今回の授業では、次の5人の人物について、各グループで調べ発表します。

・梅棹忠夫
・J.ブルーナー
・W.ベンヤミン
・水越敏行
・N.J.パイク

彼らの生きざま、業績、研究者・思想家としての位置づけ等、文献を読みこみ、
全体像をわしづかみにするのが狙いだそうです。

最初に誰を担当したいか決め、グループを作ります。

一番人気は、梅棹忠夫でした。

私は、一番人気が無かった(すみません)水越敏行先生を選びました。

グループメンバーは、山内研の山田さん@salily1214 と、河田さんのお二人です。
(この二人と組めたので、とても楽しく発表準備を進めることができました)


自分が発表担当でない時も、他グループの発表を聞き、疑問に思ったことや
先生方から与えられる課題に基づき、次の週までに資料にまとめてきます。

うわさ通り負荷は高かったです。

続きを読む "2011年冬学期「文化・人間情報学基礎III」" »

2011年06月20日

「ウメサオタダオ展」


2012年1月5日(木)午後、東京での「一人合宿」の後、

日本科学未来館の「ウメサオタダオ展」に行きました。


2月20日に開催される「勝手にウメサオタダオ研」の事前課題に従い、
京大式カードをもって見学します。

私自身が展示を見ながら、カードに書き込んだのは・・・

・カードはさわれることが大事なのかも 操作性 PCではできない
・キーワードのみの「こざね」 これができるためには頭の中に情報が必要
・アジテーター 人をその気にさせる人 
・カード=PC=忘却の道具 検索すればよい
・嫁と姑 悪いのは男 別居が一番 ←痛快な解決策 ウメサオ家は?
・世界地図と重ねるとぴたり合わさる 気持ちいい
・馬に乗れるとかっこいいな 背中が伸びて腰でのっている感じ
・ほんと何でも書きこむ人 Life Log
・戦争中でも好きなことをやっている 
  この人を見てると何でもやれそうな気がする

見終わって、会場を出てきたら、某先生とバッタリして、びっくり。

気があいますねー。

2011年03月06日

計量分析セミナー「二次分析道場!」に参加してきました


2011年3月3日(木)10時〜17時15分 @ 赤門そば

http://ssjda.iss.u-tokyo.ac.jp/250000/251000/251040/

東京大学 社会科学研究所 計量分析セミナー

 「二次分析道場!」 三輪哲先生 山本先生 1日目

 http://ssjda.iss.u-tokyo.ac.jp/pdf/seminar2011/seminar2011_3.pdf
に参加してきました。


佐藤先生の「入門!」が面白かったので、

「男二人の先生で、堅苦しくてつまんなかったら3日間つらいなー」

と思っていたのですが、これも良い意味で裏切られました!


今回も面白かったです! 

三輪先生、山本先生も素晴らしく、内容ももちろんなのですが、
お二人のこの「道場」に対する熱い想いと質問への対応の仕方に惚れました。

また別の機会に受けてみたいです。


受ける前は、正直「大学主催のセミナーなんて・・・眠たくなるのを堪えるだけ」
なんて、思っていましたが、そんなことありませんね。


このセミナーを、修士2年に入る前に受けられて本当に良かったです。
これから、量的調査、分析をする人にとっては必須の内容だと思います。


さし障りのない範囲で、自分が学んだことをシェアします。

続きを読む "計量分析セミナー「二次分析道場!」に参加してきました" »

2011年03月05日

計量分析セミナー「二次分析入門!」に参加してきました

2011年3月1日(火)10時〜17時15分 @ 赤門そば

http://ssjda.iss.u-tokyo.ac.jp/250000/251000/251040/

社会科学研究所 計量分析セミナー 「二次分析入門!」 佐藤香先生
 http://ssjda.iss.u-tokyo.ac.jp/pdf/seminar2011/seminar2011_2.pdf

に参加してきました。


期待に反して、面白かったです!

難しい統計や分析をこんなに楽しく学べるとは思ってもいませんでした。

さし障りのない範囲で、自分が学んだことをシェアします。

続きを読む "計量分析セミナー「二次分析入門!」に参加してきました" »

2010年12月28日

2010年度冬学期 「研究法I」10


2010年12月22日(水)14時45分〜16時15分

●10回目 実験2

 (心理学実験について)

続きを読む "2010年度冬学期 「研究法I」10" »

2010年度冬学期 「研究法I」9


2010年12月15日(水)14時45分〜16時15分

●9回目 実験1

 (実験の具体例:脳科学、実験政治学、実験経済学等)

続きを読む "2010年度冬学期 「研究法I」9" »

2010年度冬学期 「研究法I」8


2010年12月8日(水)14時45分〜16時15分

●8回目 二変数間の関係について

(調査票から得られたデータの分析方法:クロス集計、相関係数、尺度の構成)


続きを読む "2010年度冬学期 「研究法I」8" »

2010年度冬学期 「研究法I」7

2010年12月1日(水)14時45分〜16時15分

●7回目 測定の水準と調査票の作成について

 (事前に留置および面接調査票の実習をしてもらった上で講義+討論)


続きを読む "2010年度冬学期 「研究法I」7" »

2010年度冬学期 「研究法I」5〜6

2010年11月17日(水)14時45分〜16時15分

●5回目 インタビューと調査法方法論1

 (インタビューの方法と研究倫理について)

続きを読む "2010年度冬学期 「研究法I」5〜6" »

2010年度冬学期 「研究法I」4

2010年10月27日(水)14時45分〜16時15分

●4回目 社会調査の研究設計

 (社会調査、統計情報の収集について、分析の単位について)

続きを読む "2010年度冬学期 「研究法I」4" »

2010年度冬学期 「研究法I」3

2010年10月20日(水)14時45分〜16時15分

●3回目「研究の評価基準:内的妥当性と外的妥当性」

 (因果推論の厳密さと研究対象の代表性との二律背反について)

続きを読む "2010年度冬学期 「研究法I」3" »

2010年度冬学期 「研究法I」1〜2


2010年冬学期は「研究法I」という授業をとっています。

さし障りのない範囲で、授業で学んだことをシェアします。

続きを読む "2010年度冬学期 「研究法I」1〜2" »

2010年07月30日

2010年度夏学期 「組織学習システム論」11

中原先生の授業「組織学習システム論」の授業11回目が終了しました。

さし障りのない範囲で「学んだこと・気づいたこと」をシェアします。


続きを読む "2010年度夏学期 「組織学習システム論」11" »

2010年度夏学期 「組織学習システム論」10

中原先生の授業「組織学習システム論」の授業10回目が終了しました。

さし障りのない範囲で「学んだこと・気づいたこと」をシェアします。


続きを読む "2010年度夏学期 「組織学習システム論」10" »

2010年06月23日

2010年度夏学期 「組織学習システム論」9

中原先生の授業「組織学習システム論」の授業9回目が終了しました。

さし障りのない範囲で「学んだこと・気づいたこと」をシェアします。

続きを読む "2010年度夏学期 「組織学習システム論」9" »

2010年06月16日

2010年度夏学期 「組織学習システム論」8


中原先生の授業「組織学習システム論」の授業8回目が終了しました。

さし障りのない範囲で「学んだこと・気づいたこと」をシェアします。

続きを読む "2010年度夏学期 「組織学習システム論」8" »

2010年06月09日

2010年度夏学期「学際情報学概論II」中間発表

2010年6月8日(火)10時15分〜11時45分
「学際情報学概論II」の中間発表がありました。

さし障りのない範囲で、どんな内容だったかお伝えします。

続きを読む "2010年度夏学期「学際情報学概論II」中間発表" »

2010年度夏学期 「組織学習システム論」7

中原先生の授業「組織学習システム論」の授業7回目が終了しました。

さし障りのない範囲で「学んだこと・気づいたこと」をシェアします。


続きを読む "2010年度夏学期 「組織学習システム論」7" »

2010年06月02日

2010年度夏学期「学際情報学概論II」

 この授業は、グループでミニ研究をやります。

 私は「天皇とメディア」というテーマを選びました。

 担当教授からは

 「この授業の狙いは、友達を作ること。
  学生さん同士、横のつながりを作ってほしい。」と言われました。


 グループメンバーは、多様です。

 ・アメリカ人 (博士課程の男性 理系 社会人 弓道が趣味)
 ・中国人  (若い女性 日本語ぺらぺら)
 ・台湾人  (若い女性 寡黙)
 ・日本人 (若い女性 バンドもやっている)
 ・関根 (ちょっと老けた学生 一番年上)

 ミーティングやMLで連絡を取り合いながら、お互いに調査を進めていきます。


 先日(6月1日)は、私の知り合いで、宮家と関わりのあった方のお話しを
 聞かせて頂く機会を作りました。(どうもありがとうございました!)


 調べれば調べるほど、自分がいかに皇室について
 理解していないかが分かってきます。

 来週(6月8日)は、私たちのグループが中間発表をします。
 今、できることを精一杯やります。

2010年05月25日

2010年度夏学期 「組織学習システム論」6

中原先生の授業「組織学習システム論」の授業6回目が終了しました。

さし障りのない範囲で「学んだこと・気づいたこと」をシェアします。

続きを読む "2010年度夏学期 「組織学習システム論」6" »

2010年05月18日

2010年度夏学期 「組織学習システム論」5

中原先生の授業「組織学習システム論」の授業5回目が終了しました。

さし障りのない範囲で「学んだこと・気づいたこと」をシェアします。

続きを読む "2010年度夏学期 「組織学習システム論」5" »

2010年05月11日

2010年度夏学期 「組織学習システム論」4

中原先生の授業「組織学習システム論」の授業4回目が終了しました。

さし障りのない範囲で「学んだこと・気づいたこと」をシェアします。

続きを読む "2010年度夏学期 「組織学習システム論」4" »

2010年04月27日

2010年度夏学期 「組織学習システム論」3

中原先生の授業「組織学習システム論」の授業3回目が終了しました。

さし障りのない範囲で「学んだこと・気づいたこと」をシェアします。

続きを読む "2010年度夏学期 「組織学習システム論」3" »

2010年04月20日

2010年度夏学期 「組織学習システム論」2

中原先生の組織学習システム論の授業が始まりました。


中原先生のブログ「シラバス最終版」
 http://www.nakahara-lab.net/blog/2010/04/2010_6.html

さし障りのない範囲で「学んだこと、気づいたこと」をシェアします。

続きを読む "2010年度夏学期 「組織学習システム論」2" »

2010年04月15日

2010年度夏学期 「学際情報学概論I」 eラーニング

2010年4月6日〜9日 学際情報学概論I サムネイル講義を
iiiオンラインで受講しました。


●4月6日AM「情報学をとらえなおす」

●4月6日PM「情報と生活」

●4月7日AM「情報と社会」

●4月8日AM「情報とミュージアム」


(どの程度まで、ブログで公開していいのか分からないので、
 授業内容は、研究室の関係者のみが閲覧できる学内ブログに書きました。
  http://blog.iii.u-tokyo.ac.jp/ylablog/sekine/2010/04/post-3.html )

今回、eラーニングで授業を受けられたことは、
仕事が忙しい時期とも重なっていたので、非常にありがたかったです。

eラーニングで授業を受けるのは初めてなので不安もありましたが、
グループ討議方式ではなく、講義を聴くスタイルの授業であれば、
eラーニングの方がいいなーと思いました。

(iiiスタッフの皆さん、ありがとうございました!)