« JSHRMコンファレンス2008「考える人事」に参加してきました。 | メイン | 「eラーニングワールド2008」に参加してきました。 »

東京大学 中原淳准教授の講演で引用されました!

08年7月31日(木)東京ビッグサイトで行われた

「eラーニングワールド2008」で中原先生の講演を聴講しました。


(その様子は、こちらでご紹介しています。

http://learn-well.com/blogsekine/2008/08/e.html


講演の途中(・講演内容 ○関根の独り言)


・会社によって「人のつながりの強さ」は違う。

 相談したいときに相談できる他者がいる会社と
 そうでない会社がある。


・若手一人に対して、多様な背景、経験をもつメンターを複数人アサインする。

 人を育てるというのは、一対一ではなく、ネットワークで行う。


○このあと「最近、こんな話を聞きました」というスライドで、

 いきなり私の名前が出てきました。

 「え!」っとびっくりしてみると、下記ブログから引用された

 スライドが2枚でてきました。


  http://www.nakahara-lab.net/blog/2008/07/post_1289.html

  http://learn-well.com/blogsekine/2008/06/post_96.html

 
・関根さんの意見は面白い。Higginsの発達的ネットワークの発想。

○こうやって引用してもらえるのは、とっても嬉しいですね!

 中原先生ありがとうございました!

○08年3〜7月の間、600名近い参加者と「OJT研修」で

 触れてきた中で、彼ら指導員が「周囲を巻き込んで」

 新人を指導育成している様々な事例が見つかりました。


 そのうちのいくつかを下記ブログでご紹介しています。


( OJT担当が周囲を巻き込んで新人を指導育成している事例
  http://learn-well.com/blogosie/2008/07/ojt_3.html 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/501

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)